ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2013/03/23

「The Story of Miss Moppet」で、良質の簡単英文に親しむ




 


先日記事にしたこの絵本を、もう一度ちゃんとご紹介すべく今日の記事にしました。
Beatrix Potterビアトリクス・ポター)といえば「The Tale of Peter Rabbit」が一番先に思い浮かぶかもしれませんが、その他の動物のお話しも沢山書いています。
Cat Loverの私は、独断と偏見でこの絵本を選びました(笑)。

内容紹介
THE STORY OF MISS MOPPET

The Story of Miss Moppet, together with The Story of A Fierce Bad Rabbit, were books intended especially for very young children and they were originally published in a pull-out concertina format. They were subsequently reissued as standard books however, since the long strip of pictures became damaged too easily. Beatrix Potter borrowed a kitten to draw for the illustrations of Miss Moppet and the kitten proved to be as mischievous as the character she was meant to portray. Beatrix called her "a most fearful pickle".

Suitable for very young children, this title recounts the tale of a pussy cat, Miss Moppet, chasing a mouse. It turns out to be a bit of a battle of wits, and who do you think will win?


Moppetちゃんは、可愛くてちょっと天然です(笑)。
まだ子猫のためか、あるいは天然だからか(笑)、ねずみの賢さに勝てません。
表紙を見て頂ければ分かりますが、頭に何かかぶっています。
これはですね、かぶるのはちょっと遠慮したい物なんです。
私はTea Towelと記憶違いしてましたが・・・・・・・
読んで頂ければ分かります(苦笑)。

大人だからといって、いきなりペーパーバックを読書しようとすると、挫折のもとになりかねません。
実は、私がそうでした。
物事には順序があります。
あなたが子供だった時、絵本を読みましたよね?
もう一度童心に返って、絵本を沢山読んでみて下さい。
絵本読書によって、沢山の良質の英文をインプット出来ます。
絵本読書を楽しんで下さい。

小さいお子さんがいるのならともかく、そうでない方で「絵本を買うのは無駄なような気がする・・・」とお思いの方は、Kindleを利用なさるといいですよ。
Beatrix Potterの絵本は1冊100円ぐらいで買えます。
アマゾンからKindle無料アプリをダウンロードなさって下さい。

今日の記事が、洋書読書に踏み出せずにいる方の第一歩のきっかけになれば、と願っています。


余談です。
トラ猫をTabbyと言いますが、Moppetちゃんのような茶色のトラ猫をBrown Tabbyと言います。

P1100411.jpg
我が家のTabby、ミミちゃんです。



あなたのご訪問を感謝してます。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
皆さんの応援が、更新の原動力になっています。
感謝してます!
スポンサーサイト
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。