ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2013/06/12

初購入洋書だったグリム童話「The Elves and the Shomaker」を読了





今日も私の思い出洋書の話です。

The Elves and the Shoemaker

このグリム本こそが、私が中学1年か2年だった時に生まれて初めて買った洋書でした。
 
ページ数4ページの短いお話ですが、中学生だった私は額に汗しながら辞書片手に必死で訳読しました(泣)。
この時点では多読の本格的スタートとは程遠いですが、今回数十年ぶりで再読して、自分の英語への情熱の原点に戻ったと言うか、かつての背伸び読書の失敗やら、色々なことが頭を駆け巡りました。


The next day the wife said to the shoemaker. 'These little wights have made us rich, and we ought to be thankful to them, and do them a good turn if we can.

この恩返しの気持ちがある人たちだからこそ、小人ちゃんがハッピー&ラッキーを運んできたんですね。


なお、この本のKindle版は無料ですよ! 

Hansel and Grethel

Red Riding Hood

Rapunzel

などのお馴染みのお話しも収録されています。


あなたもグリム童話を英語で読んでみませんか?
何か新しい発見があるかもしれませんよ。


あなたのご訪問を感謝してます。
スポンサーサイト
2013/02/18

マンガ童話を使って会話を音読&暗記する

Kindle版の読書デビューは、グリム童話です。
子供の頃大好きだった本です。
「サンディさん、一体どうしちゃったんですか?!」
と問われそうな本を読みました(笑)。


内容紹介

Follow the adventures of the two sisters, Snow White and Rose Red, and their mother as they befriend a talking bear named Bruno. As the years go by, the sisters keep helping a wandering dwarf out of trouble with the help of Bruno. The ending of the story is magical and touching at the same time. Beautifully illustrated, this graphic fairy tale captures the imagination of readers of all ages and inspires a love of reading. A must-have classic for your digital library!



Kindle版のこの絵本は、表紙の絵と中の絵はなぜか別人が描いています。
↓ ご覧の通り、この童話は漫画形式になっています。

この童話をどうやってオトナの英語学習に活かすのか?
まず、セリフを暗記できるよう本を音読して、全体のストーリーの流れを覚えて下さい。
音読の次に絵だけを見て、セリフを見ずにセリフを言う練習をするのです。
1ページづつ暗記するもよし、2,3ページ暗記するもよし。
ご自分の英語力に合わせて下さい。
中学校で習う単語しか出てきませんので、暗記はそれほど難しくないはずです。

声優さんになったつもりで、セリフを言ってみて下さいね。

余力のある方は、レポート形式でこのお話をご自分の言葉で書いてみるのもいいと思います。


【Kindle Paper White】

P1100373.jpg

この撮影は、夜、照明から離れて撮ってみました。
当然、フラッシュも使っていません。
ライト内臓のおかげで、夜の読書も目が疲れずラクラクです。


 
【Kindle版】



【紙の書籍】





サンディの思い出話・・・・・・・
確か翻訳絵本のタイトルは、「紅ばら白ばら」だったように記憶しています。
私は妹と二人姉妹で、私が紅ばら、妹が白ばらで、二人劇場を楽しんでました。
悪い小人をどうやってこらしめるか、という話になった時、

妹 「( あっさりと) ふんずける」

と言ったので、私はビックリ!
子供の時の妹からは考えられないセリフでした。
今だったら分かりますけど(笑)。


あなたのご訪問を感謝してます。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
皆さんの応援が、更新の原動力になっています。
感謝してます!


*ブロ友の皆さんへ

いつもお世話になっています。
全然お訪ねできなくて申し訳ありません。
読書環境を調えようとして、やっとスタート地点に立ちました。
ずっとネットで海外での和書購入の件を調べていて、精神的にも
肉体的にも疲れました(泣き笑い)。

今週からまたお邪魔させて頂きますので、
どうぞ宜しくお願いします。
 
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。