ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2013/03/26

イースターを大人でも楽しく学べる絵本





今週末はイースターです。
うちは夫婦ともプロテスタントなので、この日を敬虔な気持ちで迎えます。
29日がGood Friday(聖金曜日)、31日がEaster Dayです。
(オーソドックス教会は、今年は5月5日がEaster Dayのようです)

「宗教の話は、ちょっと勘弁・・・」と仰る方も少なからずいらっしゃると思いますが、英語圏=キリスト教圏(ほぼ)ですので、これは切っても切れないものがあります。
ここは「教養」と割り切って、「イースターとはなんぞや?」を英語で簡単に説明できるよう、練習なさるといいと思います。

そこで、私が偶然見つけたのが、↑ 上の絵本です。

この絵本は、イースターの起こりから、Hot Cross BunsやEaster Eggsの意義まで、イースターという行事を網羅したよく出来た絵本だと思います。
宗教アレルギーの方も、これなら拒絶反応なしに読める・・・といいですね(苦笑)。
なお、この絵本はKindle版のみのようです。
Kindle専用端末をお持ちでない方は、アマゾンからKindle無料アプリをダウンロードなさって下さい。


【Hot Cross Bun】
P1070097.jpg




楽しくイースターを観るのなら、これです。
私が子供の頃観た時は、スヌーピーのことを「イースターのわんちゃん」と呼んでいました。
 


さてさて今週末の我が家は、イースターエッグ(チョコレートね)をたらふく食べることになるでしょう(自爆)。


あなたのご訪問を感謝してます。


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
皆さんの応援が、更新の原動力になっています。
感謝してます!



私の過去記事も参考になさって下さい。

⇒過去記事 クリフ・リチャードのCD付き絵本

⇒過去記事 イースターはNiceなおしりで迎える ?!

Hot Cross Bunsをご自分で作ってみたい方は、こちらのレシピをご覧下さい。
http://cookpad.com/recipe/744058



私がかつて大好きだった、イギリスの人気TVシリーズのイースターのエピソードをYou Tubeでお楽しみ下さい。

スポンサーサイト
2010/12/01

クリスマスにぴったりのCD付き絵本



いよいよ12月ですね!
キリスト教徒一家に嫁いだプロテスタントの私にとって、一年で一番忙しい月です。(『はあ~』と、ため息)
クリスマス・プレゼント選び、クリスマス・カード書き、クリスマス・ディナーは何にするか、etc、あっ、そして大掃除も・・・
きっと日本の主婦の皆さんにとっても、師走は忙しい月になりますね。

今日ご紹介するCD付き絵本は、実は今年3月にご紹介しています。

⇒過去記事:クリフ・リチャードのCD付き絵本


内容説明
In 2008, Cliff Richard will be celebrating 50 years in show business. As part of these celebrations, Lion Children's Books has been specially commissioned to produce a book and CD package of Cliff Richard's 50 favourite Bible stories, which have been brought together in this colourfully presented hardback to make not only a special commemorative item but a book that can be enjoyed every day. These stories are retold by acclaimed writer and dramatist Brian Sibley and read aloud by Cliff himself for a whole new generation of young ones to enjoy. Stylish and witty illustrations by Stephen Waterhouse make the book a visual treat to enjoy while reading or listening.



P1030859.jpg
私が購入した時は、まだカセットでした。


絵本からの抜粋です。
the angelが現れ、the shepherdsにイエス・キリストの誕生を知らせている場面です。

'I have the most exciting news in the whole world. Today, in the town of Bethlehem, a special baby has been born. He will offer forgiveness to everyone. You will find him wrapped in strips of cloth, lying in a manger.'


キリスト教徒にとって、Christmasクリスマス)は宗教行事です。
英語圏とキリスト教は一体です。
この絵本は聖書の要点が、簡潔に理解出来ると思います。
しかも、クリフ・リチャードの朗読CD付きですよ♪
宗教嫌いの方でも英語を勉強する限り、キリスト教を避けることは出来ませんから、観念して(笑)一度お読み下さい。


クリフ・リチャードのオフィシャル・サイトで、彼の朗読の一部を試聴出来ます。
http://www.cliffrichard.org/shopping/books.cfm


キリスト教圏に嫁いだ大和撫子の皆さん!
またこの季節がやって来ましたね。(苦笑)
今年も頑張って乗り切りましょう!
特に北半球にお住まいの方は、風邪やインフルエンザに、くれぐれもお気をつけ下さいね。



にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
皆さんのクリックが、更新の励みになっています!
 
2010/03/20

クリフ・リチャードのCD付き絵本&LOST




4月4日は、Easter (復活祭)です。

そこで、歌手クリフ・リチャード朗読の、CD付き絵本をご紹介します。

P1030859.jpg
私が買ったときは、まだCDではなくカセットでした。
1997年~1998年頃だったかな?
CD付き絵本になった時にイラストが変わりましたが、文章はそのままのようです。

The women looked inside the tomb. It was empty!
'Where's Jesus?' they cried.
Suddenly an angel appeared. The women trembled. They had never seen an angel before!
'Don't be afraid,' the angel said. 'I know you are looking for Jesus. He isn't here. But you will see him again. He has come back from death.'
Then the angel disappeared.


これが、キリスト復活の冒頭の部分です。
初級の方でも、楽に読めそうですね。


「宗教は、ちょっと・・・」という方は、「英語の勉強だ」と割り切ってお読みになられるといいと思います。
英語圏はキリスト教圏です。
キリスト教とアングロ・サクソン文化は、密実一体です。
若干でも聖書の知識があると、役に立つこともあると思います。


さて、クリフの吹き込みですが、流石に発音がクリアで、子音の発音の強いこと強いこと!
私はリピーティングに使っていたことがありましたが、大変いいお手本になりました。

 
THE OFFICIAL CLIFF RICHARD WEBSITE (英語)



突然ですが・・・・・・
【LOST THE FINAL SEASON 第7話】
ベンが中心のストーリーでした。
彼に協調性が出始め、現在彼が島で一緒にいる人々への仲間意識が出てきた様子でした。
このグループには、サンファ(キム・ユンジン)がいます。

LOST オフィシャル・サイト(英語)


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
更新の励みになっています!


You Tubeから、クリフの代表曲である「Congratulations」をお借りしましたので、お聞き下さい。
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。