ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2013/09/21

ペーパーバック初心者の女子向け 本4冊で百円からお釣りがくる!






“怪しいキャッチコピー”のような記事タイトルになってしまいましたわ(笑)。
早速ですが、殿方の皆さん、今日の記事は女子向けでごめんなさいね~!
この本は、男性が読むにはちょ~と無理があると思ったので(笑)。


今日の記事は、私がペーパーバック初心者だった頃に読んでいたBarbara Cartland英語公式サイト)をご紹介します。

この女性は、700冊以上の本を書いた(しかも内容にそれほど変化がなかった!)、故エリザベス皇太后とお友達だった、故ダイアナ妃の継母の母親だった、Dameの称号を授与された、長寿だった、と、とにかくすごい女性でした。

本の内容ですが、男女が出会い、一悶着あった末に婚約、あるいは結婚する、という必ずハッピーエンドで終わる単純な内容です。
話に複雑さが全く無いので、読んでいて疲れません(笑)。

ハッキリ覚えていませんが、私は日本の英語学習法の本でこの女性を知り(と記憶している)、早速図書館から5-7冊借りて読みました。
内容がどうであれ(笑)、特にペーパーバック初心者だった頃に「読了できた」という満足感、あるいは達成感を得たのは、その後の多読への自信につながりました。

上記の99円本は(2013年9月21日現在の金額)Kindle版限定だそうですので、端末をお持ちでない方は、無料アプリをダウンロードなさって下さい。

話のタネに、Dame Barbara Cartlandを一度お読みになってみて下さいね。


それでは、Long Weekendを楽しんで下さい!
お仕事の方、お疲れさまです。



指の関節炎のため、今後もまったり更新でいく予定です。
なお、このような事情ですので、リンクを貼って
頂いている皆さんのブログへはお邪魔できないでいます。
大変申し訳ありません。



あなたのご訪問を感謝してます。


You Tubeから4冊の中の1冊「A Ghost in Monte Carlo」の動画をお借りしましたので、ご興味のある方はご覧になってみて下さい。
スポンサーサイト
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。