ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2008 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 05
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2013/05/24

「快読100万語!ペーパーバックへの道」は、優れた多読ガイド本





今日は英語多読に関する和書の文庫本の紹介です。
出版から10年以上も経って、海外在住の私が紹介するのもなんですが、中にはご存じない方もあるかもしれないと思い、今日の記事にしてみました。

内容(「BOOK」データベースより)
あなたも分厚いペーパーバックがスラスラ読めるようになります!コツは「辞書をひかない」「わからない語はとばす」「むずかしかったらすぐ投げ出して次の本に移る」。いままでのようなつらい勉強は不要です。やさしすぎるくらいやさしい本からはじめて、無理なく読めるレベルの本をたくさん読んでいるうちに、読書量が100万語に届くころには、ペーパーバックも英語のホームページも楽しめる、ほんとうの英語力が身につくのです。思いきった多読指導で、たくさんの生徒の力を飛躍的に伸ばしてきた著者ならではの、実践・英語習得法。



本書の内容ですが、実践編と理論編の二部構成になっています。


これから多読を始めようとしてる方

多読を始めたものの迷路に迷い込んだ方



この本を購入されて、実践編に書いてあるとおりに進んで下さい。
近い将来、あなたもペーパーバックが読めるようになりますよ。

私は多読ガイドブックも何も無しに自己流で、この本の実践編とほぼ同じ事をしてきました。
そして、ペーパーバックを読めるようになりました。


DSCN1083.jpg


本書は多読だけではなく、シャドウイングに関しても実践編と理論編の両方に記述があります。
特に、英語学習法に迷ってる方!


多読 + シャドウイング


これは本当に実力がつきますよ~
ぜひ本書をお読み頂いてお試し下さい。



あなたのご訪問を感謝してます。
Have a very good weekend!
スポンサーサイト
2013/02/23

「舛添要一の6ヵ国語勉強法」から学ぶ、多忙な時の読書術 

数日前、半日遅れのNHKニュース7を見ていて、国会で舛添要一氏が発言されているのを見ました。
そこで遅まきながら、氏の著書を持っていることを思い出しました。

今回は読書に的を絞って抜粋します。

「読書によって得られる教養と知識は,スポーツをやるときの基礎体力のようなもの」
だ.そう思って欲しい.


これは語学が出来る方なら、どなたも同じことを仰っています。
私がペーパーバックを読み始めた当時、自分の話の幅が広がったことを実感した時がありました。


枕もとにフランス語の辞書と『パンセ』を置いておき、毎晩一断章ずつ読んでから眠ることにしたのである.これなら,わずか5分である.このような古典であれば,かならず日本語訳の本が出版されている.かたわらに置いておけば,難しくてわからない文章が出てきたら,それを参照することもできる.


疲れている時など、「明日読もう」となってしまいますが(私がそうでした)、下手をすると、その「明日」は永久にやって来ないかもしれません。
年度末でさらに多忙になる方や、転勤、進学、就職などで引越しをされる方もいらっしゃるでしょう。
そんな時、忙しさから語学学習はお留守になりがちだと思いますが、舛添氏のこのやり方ですと、読書が続けられそうですね。

例えば、私は夕食の支度の前などに「10分だけ」読書する時があるのですが、携帯のアラームをセットして読書します。
読書に夢中になると、30分ぐらいあっという間に過ぎますから。

しかし、仮に1日5-10分の読書時間だとすると、どんな本を読んだらいいのか?
早く結末を知りたくて、ストレスになるかもしれません(笑)。
ストーリーをすでに知ってる本を読む、というのも手です。

・すでに翻訳で読んだことのある本

・ご覧になったことのある映画の原作やnovelization

・短編集

などを読むのもいいかもしれません。
今、短編集を読んでいますので、来週ご紹介しますね。
お楽しみに♪


継続は力なり と昔から言います。


毎日のちょっとした努力の積み重ねが、いづれは大きな力になることを信じて、がんばりましょう!






★Kindle Paper Whiteのお薦め★
私は目が疲れやすい方ですが、紙の本を読んでいるように目の疲労が少ないです。
こちらの住宅のリビングの照明は日本の照明より暗めなので、ライト内臓のKindle端末は夜の読書に特に重宝しています。
夜、読書する方には強力にお薦めです。



あなたのご訪問を感謝してます。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
皆さんの応援が、更新の原動力になっています。
感謝してます!
 
2008/08/20

読まないから読めない

私の知っている日本人で、「日常会話なら出来る」と豪語している人がいました。
しかし、この人、読むということを全くしない人で、ある時、簡単な英語のパンフレットを私の前で読み始めたのですが、その読み方たるや、まるでアルファベットを習い始めた子供並み・・・・・


インプットをしないため、その「日常会話」も
幼稚園児以下でした。
 


この人は、自分は「英語が出来る」という“錯覚”があるため、勉強するわけがありません。

私の前でパンフレットを読めず、やはりそのことを恥としたのか、いきなりあの「TIME」を定期購読すると言い出したのです!

物事には順序ってものがあるし、だいたい「TIME」の内容自体この人には興味がないはずで・・・・・・


片や、ワーキングホリデーでこちらに来ていた人は、自分の英語の力をよく知っている人でした。
この人は、時間のある時に近所の図書館に行って児童書を読んでいる、という話しだったので「えらい!」と私が言うと、


「まだ大人の本を読めないから、子供の本を読んでるんだもん」 


なんだか、賢者と愚者のたとえ話になってしまいましたね。(笑)
身の丈にあった勉強、あるいは本を選びましょうってことでした。
お後がよろしいようで~


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!

2008/07/29

洋書読了への道のり 3の3

今日は「児童書からペーパーバックへ」の巻です。

しゃべれるようになりたい!>英語のn.さんは、沢山の児童書の感想を紹介されています。
ぜひ、参考にされて下さい。


映画を観たり翻訳本を読んだあとに原書を読むと、ストーリーをすでに知っている分理解の助けになる、というのはありますよね。
しかし、映画はときとして、原書とえっらくストーリーが違う、なんてこともあり、ですね。(笑)

それとは逆に、原書を読んでから答え合わせ的に翻訳本を読む、という手もあります。
必ずしも、翻訳本を読め、とか、映画の原書を読め~、と言っているわけではありませんよ。(笑)
原書に拒絶反応を示さないように、ご自分で色々工夫してみて下さい。


さて、児童書で洋書読書に親しんだら、いよいよお次はペーパーバックです。
ペーパーバック初心者は、ページ数の少ない本や短編集をお薦めします。



【左】初心者にお薦めのDanielle Steel。特にこの本は200ページちょっとなので、強力にお薦めです。
【中】私の大好きな作家Maeve Binchy 。この本は短編集です。
【右】和書の英訳を読むのも手です。何か新しい発見があるかもしれません。

あとは「多読ガイド」等を参考に、とにかく読み続けることです。
私でも今では、ペーパーバックを楽しんで読めるようになりました。

アナタにも出来ます!

Good Luck!!


昨日でブログ開設2ヶ月を迎えました。
いつも来て頂いて方々に感謝致します。
今後ともヨロシクお願いしま~す!


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
2008/07/26

洋書読了への道のり 3の2

暑い時に勉強するのはツライですが、ここは踏ん張って洋書を読める自分を目指して頑張りましょう!

さて、文法が頭に入ったら、いえ、完璧に入っていなくてもいいんです。
文法の勉強を続けつつ、洋書多読スタートです。

以下の本は英語学習者向けに簡単な英語で書かれたLevel1から上はLevel6まである洋書で、私もかつて語学学校の担任からこの本の存在を教えてもらいました。



【左】Oxford Bookworms
【中】Cambridge English Readers
【右】Penguin Readers


漫画好きの方なら、これです!(以下の本は対訳付です。)



私は漫画は読まないのですが、「天才バカボン」と長谷川町子作品は別です!
母が長谷川町子先生のファンで、私も小さい頃から「サザエさん」を読んでいました。

【中】波平さんの表紙が決まってますねえ。
【右】タイトルなんですが、私だったら馬鹿正直に「The Mean Old Hag」としたでしょう。

いえ、姑のことではありませんよ。(笑)
このタイトルは、訳された方のセンスを感じますね。



ヤング・ジェネレーションには、こっち。

あれ?漫画特集になってしまったような・・・・・・・(苦笑)

ご自分で「これでいいのだ」という本を見つけて下さい。(笑)

次回は、その3「児童書からペーパーバックへ」です。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
 
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。