ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2008 051234567891011121314151617181920212223242526272829302008 07
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2008/06/29

Those Faraday Girlsを読み終わりました



【著者紹介】
faraday
Monicaからのご挨拶です。
(サムネイルをクリックすると、You Tubeが別ウィンドウで開きます。)

Monica Mcinerneyはオーストラリア人で、南オーストラリア州出身です。
彼女の著書はUK、アイルランド、アメリカでも出版されています。
アイルランド人のご主人とともに、現在はダブリンにお住まいです。

【あらすじ】
Those Faraday Girlsとは、Faraday家の五人の娘たちとその末っ子の一人娘の合計6人の女性達の物語です。
舞台はオーストラリア、タスマニア州の州都ホバートから始まります。
家族は父親Leo、長女で生まれながらの料理人Juliet、二女で美人で毒舌家のMiranda、三女でスポーツ万能Eliza、四女でこの一家の「runt」Sadie、五女で頭脳明晰なClementine、そして、Clementineが17歳の時生んだ娘で一家のマスコットMaggie。
Leoの妻でFaraday Girlsの母親Tessaは、子供たちが幼い時に亡くなっています。
17歳でMaggieを生んだClementineを家族全員で支え、Clementineが大学を卒業し研究調査のため遠方に出かける時は、姉妹が交代でMaggieの世話をします。

生前母親Tessaは、9冊の日記は自分にもしものことがあった場合は読まずに処分するよう、夫Leoに依頼します。
しかし、Leoは自分の敷地内にある研究室に日記を何年も隠し、読みたいと主張する成人した娘たちには処分したと嘘をつきます。
四女SadieはLeoの研究室で、ひとり内緒で日記を読み、ショックから失踪してしまいます。
日記に何が書かれているのか?
自分では読む勇気のないLeoは、四女の失踪の原因となったらしい日記を読んでくれるよう、New York Cityにいる26歳になった孫娘Maggieに依頼します。
日記の中の女性は、Leoがいつも語る愛妻とは別人・・・。


【サンディの感想など】
この物語を一言でいうと「Family secrets and lies」です。
そう聞くと「くら~い印象」を受けられると思いますが、決してそんなことはなく、この家族は家族間に強い愛情があります。
愛情があるから、逆に嘘をつくのか?
SecretsをLiesでカバーしたから、家族は何事もないような顔で日々を過ごせるのか?
私は思ったのですが、これはどこのご家族にも大なり小なりあるのではないかと。
「嘘も方便」という言葉もあるくらいですからね。
四女Sadieは家族のはみ出し者扱いを受けた人ですが、ごく普通の人です。
他の4人が、ちょっとばかり一芸に秀でた人だっただけです。
最後にキャリアと家庭の両方を手に入れたのが、5人姉妹の中でSadieだけだった、というのは皮肉です。
テーマはちょっと重いですが、オーストラリア人の著者らしく明るく、先に希望があるように仕上げています。

【この小説からの教訓】
鬼籍に入った人の日記は、読まずにさっさと処分すべし。


6月30日 追記です。すっかり忘れっぽくなっちゃって。(苦笑)
【印象に残った文を引用してみました】

Life wasn't an accident. It was a series of dominos, each event making another happen, which let to another and another.



Make the best of what you have.




ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ 
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!

You Tubeで、Faraday家のホームタウン、オーストラリア、タスマニア州の州都ホバートをお楽しみ下さい。
スポンサーサイト
2008/06/27

Parrot’s Lawを1/4通過しました



みなさま、お久しぶりです。
うちのパソコンが、おとといまで入院していました。
その代りといってはなんですが、じっくりと読書が出来ました。

20日(金)、Parrot's Lawを1/4通過しました。

2008年5月12日開始の記事は、こちらです。 

ですから、かなり遅いペースですね。
まあ、マイペースで行きますわ。(笑)

「Parrot's Lawってナニ?」という方は、松澤喜好先生のサイトへどうぞ。

私は四技能の中で、リスニングが一番得意です。
そのせいかジュリア・ロバーツの大口、早口に惑わされなくてすみました。
初めて聞いたときから内容は理解出来ましたが、ところどころ不明な箇所は正直ありました。
Powder roomという単語は初めて聞きました。
オーストラリアでは使われていないと思います。

リスニングの中で一番苦手なのは、地元のティーンエイジャー同士の会話です。
おばさん(←あたしよ)にはワッカラナ~イ!(笑)
以前はスーパーで働いているティーンエイジャーの子同士の会話が聞き取れなかったり(←我のリスニング向上のため、盗み聞きしている。笑)、彼らに突然話しかけられても理解出来なかったりしたものですが、先週末買い物に行ってレジの子に話しかけられた時、自分でもビックリしたほどクリアに聞き取れました。

50回に達した時どんな進歩が待っているか、今から楽しみです。
その時は原作も読むことにしています。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
関連記事
2008/06/15

カラー版 ベティちゃんの「A Language All My Own 」

今日は前日のカラー版をお届けします。

ベティちゃんの着物姿が、どうみても仲居さんぽいのが気になります・・・・。

 

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!


 
関連記事
2008/06/15

ベティちゃんの「A Language All My Own」

この回は言ってみれば「べティちゃん(Betty Boop)ライブ・イン・ジャパン」といったところでしょうか。
1935年の作品ということは、昭和10年ですね。
この時代のことですから、なんとなく一部軍国主義的な香りを漂わせたり、日本的ではなく中国ぽかったり、色々な意味で興味深い作品です。

私が思ったのは、「ベティちゃんは自立している。」ということでした。
昭和10年の日本で自立した女性が一握りだった時に、カートゥーンとはいえ、ベティちゃんは単独で来日します。
この時代からアメリカ女性は、自立していたんですねぇ。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!

You Tubeにて、ベティちゃんをご覧下さい。
関連記事
2008/06/13

DVD/VCRのコンボを購入し、頭痛が・・・

パナソニックのDVD/VCRのコンボを購入し、頭痛がしています。(苦笑)
というのは、VCRからDVDにダビングし、場所を取っていたビデオテープを処分したいと思い、先週末からダビングを繰り返しているのが原因のようです。
別に難しいことをしてませんけどね、なぜか頭痛が・・・。

私の実家から結婚祝いに買ってもらったVCRは去年壊れ、修理に出すか新しいのを買うか迷っていましたが、とーちゃんが「買ったほうが安いかもしれない。」と言いますし、実は私もそう思っていたので、先週末は電気屋さんを数件回りました。

オーストラリアのビデオはPAL方式、日本はNTSCで、結婚した当時はこの両方を再生出来るビデオはお値段がやや高めでした。

しかし・・・世の中の進歩は早いのだった!

このコンボを買うときにお店の人に聞きましたよ、NTSCのビデオを再生出来るかを。
「もちろん、出来ますよ。今のVCRはほとんど出来ます。」と言われ、私はなんとな~く「浦島太郎」気分 になりましたわ。(笑)

リンクを貼って頂いている皆さん
最近ほとんどお訪ね出来なくて、申し訳ありませ~ん!
サンディを見捨てないでぇ!(笑)
このコンボの使い方にも慣れたので、来週からまたお訪ねします。
ヨロシク~♪


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
関連記事
2008/06/11

Key to Success

One important key to success is self-confidence.
An important key to self-confidence is preparation.


Arthur Ashe (1943-1993)


PICT2867.jpg

今日もお疲れさまでした。明日も頑張りましょうね。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
関連記事
2008/06/06

Back on Blossom Streetを読み終えました



読み終えるのに、予想外の時間がかかりました。
ブログ引越しに始まり、とーちゃんの親戚の誕生日プレゼントの選択やら・・・etc。
いいヨメするのは疲れますよぉ、洋の東西に係らず。(笑)

さて、三部作のフィナーレを飾るこの本の感想です。

第1作に登場したAlix(←私のスペリングの誤りではありませんよ。)という20代の女性が、再び物語の中心に帰ってきます。
この第3部は第1作から3年後という設定ですが、Alixの内面の成長を著者は書きたかったのかもしれません。
Alixの生い立ちは悲惨でしたが、小学校の同級生で現在は牧師である婚約者によって、Forgivenessを学びます。

確かに、憎しみを抱えて幸せにはなれませんよね。
憎しみを手放した時、そこに新しい世界が開ける。
実は私にも経験があります。
Forgivenessこそが、この第3部のテーマだと思いました。

このひとつ前の記事に書いたことですが、アングロ・サクソン社会を理解するのにキリスト教の知識は不可欠なんです。
Forgivenessは、キリスト教の核となる教えなんですね。

ちょっと気に入った文章があったので、引用します。

The grass wasn't greener on the other side of the fence; it was greener where it was watered.



↑これは、英語学習にも言えますね。

ペーパーバック多読を決心してからこの三部作を続けて読みましたが、今、達成感に満たされています。
いえ、英語そのものは平易ですが、登場人物たちが幸せになったところを見届けることが出来て、私も幸せのお裾分けを頂きました。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ 
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
 
関連記事
2008/06/04

Let there be light

このタイトルをご覧になって、旧約聖書の創世記からの引用だと分かったアナタはえらい!(笑)
分からなかったアナタには、↓こういう本が助けになってくれます。




洋書や映画の中にも、聖書の引用が出てきたりもします。
キリスト教の基礎知識を得ることによって、アングロ・サクソン社会への理解がより深まることと思います。

 



こんな可愛らしい本を見つけました。
プレゼントによさそうですね。

 



なぜこの話しになったかといいますと、先週末、とーちゃん(夫)が居間の電球を、省エネタイプの明るめの電球に交換したんです。
その時にとーちゃんが、この「Let there be light!」を叫んだんですね。(笑)




ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ   
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
 

関連記事
2008/06/02

12,000ページ読了を目標に!



松澤喜好先生の「単語耳Lv2」に因りますと、

『単語耳』で発音練習した上で、400ページ程度のペーパーバックを30冊ほど読破すると、英会話を100%聞き取れるレベルにかなり近づきます。
リスニングの力をつけるためには、多読がもっとも効果があるからです。



私のリスニング力は、話題にも因りますが、まだ100%には達していません。

然らば、

400ページ×30冊=12,000ページ

読了を目指そうじゃないですか~!


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
関連記事
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。