ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2008 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 08
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2008/07/31

映画MAMMA MIA!を観に行きました

先日ご紹介した映画「MAMMA MIA!」を、先週末とーちゃんと観てまいりました!

日本公開は新春のようです。字幕を作る作業って時間が掛かるんですね。

【あらすじ】
結婚式を間近に控えたソフィーは、夜こっそりと3通の招待状を投函します。
受取人はソフィーの父親である可能性のある男性達!
(その中のひとりが、ピアス・ブロスナン)
ソフィーは母親(メリル・ストリープ)の昔の日記から、その秘密を知ったのでした。
招待客がぞくぞくと到着する中、その3人の男性も到着します。
しかし、ソフィーの母親はそのことを知らず・・・・・・。

【サンディの感想】
他にもちょっと観たい映画があり迷ったのですが、「観に行ってよかった!!」というのが正直な感想です。
舞台のギリシャの島もとても綺麗で、これも見る価値があります。
多くは書きたくありません。
観に行って頂きたいです。

強力にお薦めのこの映画は

★★★★★!







【左】いつ聞いてもいいですよね~!ABBAって。
【右】この映画は、オーストラリア・ツアーのドキュメンタリーです。今年は(去年だったかも?)、この映画誕生30周年だそうです。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!

ABBAの「MAMMA MIA」をお聞きになりたい方は、こちらへ。
関連記事
スポンサーサイト
2008/07/29

洋書読了への道のり 3の3

今日は「児童書からペーパーバックへ」の巻です。

しゃべれるようになりたい!>英語のn.さんは、沢山の児童書の感想を紹介されています。
ぜひ、参考にされて下さい。


映画を観たり翻訳本を読んだあとに原書を読むと、ストーリーをすでに知っている分理解の助けになる、というのはありますよね。
しかし、映画はときとして、原書とえっらくストーリーが違う、なんてこともあり、ですね。(笑)

それとは逆に、原書を読んでから答え合わせ的に翻訳本を読む、という手もあります。
必ずしも、翻訳本を読め、とか、映画の原書を読め~、と言っているわけではありませんよ。(笑)
原書に拒絶反応を示さないように、ご自分で色々工夫してみて下さい。


さて、児童書で洋書読書に親しんだら、いよいよお次はペーパーバックです。
ペーパーバック初心者は、ページ数の少ない本や短編集をお薦めします。



【左】初心者にお薦めのDanielle Steel。特にこの本は200ページちょっとなので、強力にお薦めです。
【中】私の大好きな作家Maeve Binchy 。この本は短編集です。
【右】和書の英訳を読むのも手です。何か新しい発見があるかもしれません。

あとは「多読ガイド」等を参考に、とにかく読み続けることです。
私でも今では、ペーパーバックを楽しんで読めるようになりました。

アナタにも出来ます!

Good Luck!!


昨日でブログ開設2ヶ月を迎えました。
いつも来て頂いて方々に感謝致します。
今後ともヨロシクお願いしま~す!


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
関連記事
2008/07/26

洋書読了への道のり 3の2

暑い時に勉強するのはツライですが、ここは踏ん張って洋書を読める自分を目指して頑張りましょう!

さて、文法が頭に入ったら、いえ、完璧に入っていなくてもいいんです。
文法の勉強を続けつつ、洋書多読スタートです。

以下の本は英語学習者向けに簡単な英語で書かれたLevel1から上はLevel6まである洋書で、私もかつて語学学校の担任からこの本の存在を教えてもらいました。



【左】Oxford Bookworms
【中】Cambridge English Readers
【右】Penguin Readers


漫画好きの方なら、これです!(以下の本は対訳付です。)



私は漫画は読まないのですが、「天才バカボン」と長谷川町子作品は別です!
母が長谷川町子先生のファンで、私も小さい頃から「サザエさん」を読んでいました。

【中】波平さんの表紙が決まってますねえ。
【右】タイトルなんですが、私だったら馬鹿正直に「The Mean Old Hag」としたでしょう。

いえ、姑のことではありませんよ。(笑)
このタイトルは、訳された方のセンスを感じますね。



ヤング・ジェネレーションには、こっち。

あれ?漫画特集になってしまったような・・・・・・・(苦笑)

ご自分で「これでいいのだ」という本を見つけて下さい。(笑)

次回は、その3「児童書からペーパーバックへ」です。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
 
関連記事
2008/07/24

The Ginger Treeを読み終わりました

暑中お見舞い申し上げます



The Ginger Treeを読み終わりました。
(邦題 ジンジャーツリー愛と追憶の日本)
著者のオズワルド・ワインド(Oswald Wynd 1913-1998)は、スコットランド人宣教師の息子で東京生まれ、大学進学の為スコットランドに戻るまでの18年間を日本で過ごした人です。この小説は1989年、NHKとBBCによりTVミニシリーズ化されました。

【あらすじ】
主人公の若きスコットランド人女性Mary Mackenzieが、military attache (公使館付武官)の婚約者が待つ義和団事変が治まったばかりの北京へと旅立ちます。彼女は公使館員の夕食会で運命の人、陸軍大尉(Captain)栗浜賢太郎伯爵と出会い、避暑地にて偶然ともいえる再会で既婚のふたりが恋に落ち、Maryは栗浜伯爵の子を宿します。
妊娠を知った夫に実家へ送還されそうになる途中、栗浜伯爵の使いによって日本へ向かうことになり、東京は築地にてふたりの使用人にかしずかれ、Maryの「囲い者」としての生活が始まります。
(築地は外国人居留地だったことがある。)
しかし、生まれた息子は栗浜伯爵の決断でMaryの承諾なしに、その子の将来の為にと養子に出され、(当時、親権は父親のみにしかなかった)その結果Maryは栗浜伯爵の援助を一切断り、自立の道を異国日本で見つけようとします。
日露戦争から第一次世界大戦、関東大震災、太平洋戦争を開戦した日本で、約40年間ひとり奮闘したMaryを待っていたものは・・・・


【サンディの感想】
タイトルの「The Ginger Tree」ですが、もちろん「生姜の木」なんてものは存在しません。
Maryの家の庭にある彼女の植木屋でさえも見たことのない木で、植木屋さんは外国種であろうこの木を嫌っているのですが、Maryは関東大震災でさえも生き残ったこの木を、なにか自分と共通点があるように感じ愛でています。
この木の葉を揉むと、生姜の香りのするところから「The Ginger Tree」と呼んだことになっています。

確かに栗浜伯爵との不倫は非難に値するでしょう。  
しかし、非難されたのは彼女一人で、当然栗浜伯爵はその階級と男性ということで非難は浴びないわけです。
故国UKの人々とは一切交際なく、異国日本で約40年間、ひとりで生きていく間に色々なことが起こるわけですが、ラストはやはり栗浜伯爵の決断によって・・・・というところが、確かに今とは時代は違いますが「やはりこの世はBoys Clubなのか?」とも思ってしまいますね。

実はこの本を読んだのは初めてではないのですが、Maryと私は異国で生活を始めた理由は異なるにしろ(私の場合は結婚のため)、肉親や友人や母国から遠く離れて暮らすことになった、という共通点があるせいか読む度に泣けてきます。


【印象に残った箇所】

.....to find Kentaro seated cross-legged in the baby's corner of the room making origami paper toys, a little processional of completed ones marching towards the small quilt. The sight seemed to stop my heart.

Maryはこの光景を、生涯忘れることが出来ませんでした・・・・・・・

I couldn't believe what I saw fighting weeds for its share of sunlight: a new green shoot come up from a nest of blackened roots, this already bearing nine of the unmistakable, aromatic leaves. I pinched one to make sure and got the ginger scent on my fingers.

Maryは関東大震災で焼け焦げた自宅の庭で、可愛がっていた「The Ginger Tree」が生き延びたことを発見します。
そして、

......feeling an absolutely ridiculous joy.

となったわけです。


scan0001.jpgscan0002_20090312065417.jpg
この翻訳本を、アマゾンのマーケットプレイスで1円で購入しました。
ところが、私は海外在住の為、送料は1,200円!
送料の方が、ず--と高かった・・・・・・・(泣き笑)


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ 
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
2008/07/23

洋書読了への道のり 3の1

ペーパーバックを読了出来るまでの英語の力をつけるには、どうしたらいいのでしょうか?
それは英語の基礎力を十分養って、そして児童書などを読み始めることです。
 
ペーパーバックを読了出来るようになるまでの、私の道のりを振り返ってみました。


【学習法】

この本との出会いがなかったら、私は英語学習の樹海を延々とさ迷い続けていたのではないか、と思います。
私はこの本によって、「発音と文法」の習得の重要性を再認識しました。
この本が出版された当時、日本ではまだ発音の重要性を説く人は多くはなかったんですよ。
ここから私の発音修行が始まりました。
思い出の1冊です。
残念なことに、絶版になってしまったのですが、アマゾンのマーケットプレイスから購入可能です。
故佐伯先生に、合掌。

この本が「指南」書ならば・・・・・


【学習法・発音・単語・語源】

この本は、発音&単語の実践トレーニングのためのものです。
発音と語源を学びながら、単語を学べる画期的なCDブックです。
特に第1巻の理論編はすばらしい!
ぜひ一読をお薦めします。


【文法】

発音&単語のお次は、文法です。

【左】私はこの文法書で勉強しましたが、ご自分に合えば洋書でも和書でも構わないと思います。
要は文法を知識ではなく、ご自分の血肉にすることです。
洋書を返り読み、あるいは訳読していたのでは、いつまでたっても実力はつきません。

【右】こんな文法書を見つけました。
タイトルがいいですよね?(笑)
どなたかこの文法書で勉強された方、感想をお聞かせ頂けないでしょうか。


その2に続きます。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
関連記事
2008/07/23

訪問者千人越えました!

昨夜、当ブログが訪問者千人越えました!
今までご訪問頂いた方々、ありがとうございます!!

にほんブログ村も、昨夜チェックした時は第2位でした。
今日は第3位のようです。

私の猫ブログも、にほんブログ村で第11位から13位をキープしています。

これからも英語学習者の皆さんにとって有益なブログとなりますよう、益々頑張りたいと思っています。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


我が家がかつて住んでいたメルボルンの動画を、You Tubeからお借りしました。
1分程の短い動画ですので、ナレーターのおねえちゃんの言うことを一言も聞き漏らさないように、頑張ってリスニングしてみて下さい! 
関連記事
2008/07/22

以外と出来ない 「S」 の発音 

「S」の発音は出来るようで、以外と出来ていないことが多いようです。



松澤喜好先生も著書の中でそう仰っています。

とーちゃんの親戚のA子が小学校の低学年から中学年にかけて、私に自分の本は貸してくれる(ハリポタもこの子から借りました。)、私の言い間違いを正す、と私のESL教育に情熱を傾けていたのでした。(笑)

ある時、A子とふたりで話しをしていて、どーーしても通じない「ある単語」がありました。
愚かなワタクシは「まだ子供だから、この単語を分かんないのかな?」と救いを求めるように、もう一度その単語を発音すると、やっとやっと聞き取ってもらえました。(号泣)


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!


さて、そのある単語とは・・・・・
関連記事
2008/07/21

初級&中級向けCD付洋書

もしかすると、日本にお住まいの英語学習者の皆さんはとっくにご存知かもしれませんが、私は最近アマゾンで初級&中級向けCD付洋書を見つけて、なぜか嬉しくなってしまいました。
これをParrot’s Lawに使うのもいいかもしれませんね。

「Parrot’s Lawって、なに?」という方は、松澤喜好先生のサイトへどうぞ。

私が勝手に選んだ数冊をご紹介します。


 
私も小泉八雲を買おうかな~。
どんな風に朗読しているか、聞いてみたいです。

うらめしや~

夏にピッタリでしょ? (笑)


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
関連記事
2008/07/18

映画「マイ・ビッグ・ファット・ウエディング」に見る結婚



【あらすじ】
原題は「My Big Fat Greek Wedding」です。
新郎新婦ともアメリカ人ですが、新婦がギリシャ系二世、新郎がWASP。
習慣も宗教も違うふたりが、新婦の一族のお節介の渦(!)から無事にギリシャ式の結婚式を挙げるまでの笑いと涙の物語。


【サンディの感想】
多民族国家のマイノリティとマジョリティの結婚って、「国際結婚並みにタイヘンなんだ~!」と興味津々で観たこの映画は、日本に里帰りする機内だった、というのも偶然ではないような気がしました。
このふたりが結婚する前に、新郎がギリシャ正教に改宗するのですが、この男性、一人っ子なんですよ。
私が新郎の母だったら、怒り狂いますよ。本当に。
でも、新婦の一族の固い絆が、自分の国を離れた私にはうらやましい気がしました。
やはり、マイノリティだと家族や一族の絆が強くなるんでしょうね。
夫もアングロ・サクソン社会にあってマイノリティの部類に入りますが、西欧の出身のためか、このギリシャ一族の絆の半分も持ち合わせていません。

披露宴での新婦の父親の「しょせん私達は人間同士」という内容のスピーチには泣けました。
その披露宴で「踊る阿呆に見る阿呆」とばかりに、新郎の両親も踊りの輪に参加したのは、なにか私でさえも嬉しかったです。

こうやってみると、相手が誰であろうと

結婚とは異文化との戦い

といえるような気がしますね。(苦笑&汗)
日本人同士だって出身地が違うと、お雑煮だって違いますもんね。


【サンディの格言】
結婚とは人生の一番大きな修行かも・・・。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!

You Tubeから、この映画の予告編をお借りしました。
関連記事
2008/07/16

ペーパーバックを読了する工夫

私のように「忍耐」という言葉から程遠い人間にとって、ペーパーバックを読了するなどとは神業に等しいものがありました。

この本、すでに黄ばんでる!(笑)
PICT2755.jpg
そこで苦肉の策で試したのが、このやり方!
一章ごとにマーカーで色を塗って、「あと何章・・、あと何章・・。」と数えながら、読んでみることにしたのでした。

最初こそ「まだこんなにある~。(涙)」とマーカーのお印を数えてばかりいましたが、一旦ストーリーにのめり込むと、マーカーの数なんぞなんのその。(笑)

「ペーパーバック読書ってたのしー!」

と思えるように「なんとか」なりました。

まあ、紆余曲折を経て今日に至るってとこですか。

ところで、皆さんは、「本を読みたいけど、なんだか読む気がしない。読めない。」という矛盾した気持ちになりますか?
あるいは、なったことがありますか?
そんな時、どうなさっていますか?

私、なぜか分かりませんが、読めません。読む気がしません。
ひとつに、私の母の容態が気になるということもありますが・・・。

どうも集中力に欠ける今日この頃です。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
関連記事
2008/07/14

グリーティング・カードに託す想い

先週のある日、私の「ん回目」の誕生日でした。(ヘンな日本語 笑)
今では誕生日祝いのメッセージは、メールで受け取ることがほとんどですが、2,3通は今でも昔ながらのグリーティング・カードで受け取ります。

PICT3025.jpg


私の妹からは、FAXを受け取りました。
イラストだけ公開させて頂きます♪
なぜロウソク3本か?
年の数だけ書いてられなかったからでしょう。(自爆)
PICT3020.jpg PICT3019.jpg


以外と書けないのが、カードの文句です。
私の日本人の知人は、カードにただ名前をサインしただけに止めていました。
それじゃ、味気なさ過ぎ!
虎の巻を見て、印象に残るカードを送ってみませんか。
私はそうしてま~す。(Shh!)



ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
関連記事
2008/07/11

Parrot's Lawの効果が多読にも!

Parrot’s Lawの効果が多読にも現れました!


「Parrot’s Lawって、なに?」という方は、松澤喜好先生のサイトへどうぞ。


The Faraday Girlsを先日読み終えた私は、ペーパーバックを読む速度が以前より上がっていることに気づきました。
この本は600ページ以上あるので、正直なところ最初は読むことを躊躇しましたが、元来のお気楽な性格で「読んでいけば、いつか読み終えるさ。」と気楽に読み始めると・・・・・


ある日気づくと、読了していました。(笑)





ちょっとうまく説明出来ないのですが、以前は、ブツッ、ブツッ、と切れ切れに読んでいたような気がします。
それが今では、スムーズに読めるようになりました。
Parrot’s Lawの効果で、英語のリズムで読めるようになったことが「準・速読」につながったと思っています。
(まだ速読とは言い難いので、準・速読です。)


会話の部分は以前は棒読みのような感じで読んでいましたが、ジュリア・ロバーツ気分で(笑)、しっかりと感情を入れて読んでみました。


100回に達した時どんな変化が待っているか、楽しみな今日この頃のワタクシです。



松澤喜好先生ご推薦のこのオーディオブックで、Parrot's Lawをしています。
朗読はジュリア・ロバーツです。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
 
関連記事
2008/07/10

映画「MAMMA MIA!」予告編の紹介です

オーストラリアでは、今日から映画「MAMMA MIA!」公開です。
日本公開は、もう少し先になるのでしょうか?

私の大好きなメリル・ストリープが出演しているので、絶対見に行かなくては!

アバを懐かしいと思われる方も、アバを知らない世代の方も、この夏注目の映画です。


   

【左】いつ聞いてもいいですよね~!アバって。
【右】この映画は、オーストラリア・ツアーのドキュメンタリーです。今年は(去年だったかも?)、この映画誕生30周年だそうです。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
有難うございました!

アバの思い出、ご自分の一番好きなアバ・ソング等、コメントに書き込んで下さいね。


You Tubeからの予告を貼っておきました。
関連記事
2008/07/08

Happy Birthday to Me

今月は私の誕生月ということと、とーちゃんの昇進を祝いに、週末はインディアン・レストランに行って来ました。

これが注文したお料理です。
混雑した店内で急いで撮ったので、とーちゃんのメタボ腹まで写ってしまって・・・。
(すみません)

PICT3010.jpg
カレーは向かって左がButter Chicken、右がFish Curry
奥から手前に、Garlic Naan、Onion Naan 、Pappadams
それから米のメシBasmatiです。
大抵のインディアン・レストランは、辛さをMild、Medium、Hotの三段階からチョイス出来るはずです。
海外旅行でインディアン・レストランへ行った時、バッチリ発音を決めて下さいね!


うちのとーちゃんは、食べきれないほど注文するのが好きで・・・。(苦笑)
やっぱり、食べ切れませんでした。はあ。(←満腹を通り越している。)
カレーも美味しかったのですが、ここのNaanは最高!!
とーちゃんは独身時代にインドへ旅行したことがあり、インド料理には結構うるさいのですが、このレストランに合格点をつけていました。

ウェイターの男性達のサービスはよかったのですが、飲み物のメニューに触ったら、ちょっとgreasyでした。(笑)


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
 
関連記事
2008/07/03

ネイティブの幼児も発音練習している

ネイティブの幼児も、日々発音練習に励んでいるんですよ。
もちろん、無意識にですけどね。(笑)
rの発音は日本人だけではなく、ネイティブの幼児にとっても困難で完璧に発音出来るようになるには数年掛かります。

親戚の子にマリアというお友達がいましたが、rが発音出来ないため「マウィア」と呼んでいました。
ええ、マリアさまはちゃんとお答えになってました。(笑)
redがwetのように聞こえることもありました。
こんな調子なのでこの子との電話での会話は、何を言っているのか理解に苦しむこともしばしばでした。(冷や汗)

fの発音はhで間に合わせていましたね。
釣りが趣味のうちのとーちゃんに向かって、「ヒッシング!ヒッシング!」と叫んでましたっけ。(笑)

でも、ちょっと勇気が出てきませんか?
所詮私たちは人間同士。
丸とか四角とか、舌のつくりが違うわけないですよ。

いい発音は、いいお手本と練習量次第ということではないでしょうか。



DVDはここから購入出来ます。↓
224-2a.gif


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ    
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!

今日はrの発音を、You TubeでJennifer先生について練習されてはいかがですか?
ゆっくりと丁寧に説明されているので、リスニングが苦手な方も敬遠しないで、一度ご覧になってみて下さい。
関連記事
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。