ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2008 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 02
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2009/01/29

Yes, we can! まずはこれを聞いて!

今日も音声の話しです。


日本人だって

帰国子女や英才教育を受けなくても

成人してから英語を始めても

アナタの努力次第で、ざぱにーず・いんぐりっしゅを

脱出可能なんです。


You Tubeから動画をお借りしました。
このお二人は、帰国子女ではなく、恐らく英才教育も受けてないと思います。
成人してから本格的に英語学習を始めたそうです。

なぜか?

このお二人には明確な目標があったからです。
英語が出来ることが目標ではなく、英語がその手段だったのです。
目標を持った人は強い!
つくづく、そう思います。

【初級、中級の方】
このお二人が言ってることが聞き取れなくても、ガッカリしないで下さい。
あくまで、これは「やれば出来るんだ!」というサンプルです。
これを見て発奮材料にして下さい。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!

まずは、【Read More】をクリックしてこれをお聞き下さい。
関連記事
スポンサーサイト
2009/01/25

ジャッキー・チェンの英語

「ジャッキー・チェンという俳優は、人を惹きつけるものを持っているけど、英語はちょっと・・・」
と私は思っていました。
広東語アクセントが強いということもありますが、正確に発音出来ない単語がいくつかあって、非常に聞き取りにくい、というのが私の感想でした。

年末に偶然「ラッシュアワー2」をテレビで観る機会がありました。
驚いたことに、ジャッキーの英語を聞くのがそれほど苦痛ではなかったのです!
確かに広東語のアクセントはありました。
それでも、以前ほど聞いているのに苦痛は覚えなかったです。

なぜだ?

私がジャッキー英語に慣れたのか?
ジャッキーがスピーキングのトレーニングを受けたのか?

ワカリマセン。私、アルコールも入ってましたし。(自爆)

お国なまりはあってもいい、と私は思っています。
但し、聞き手がストレスを感じない程度に、というのが条件でしょう。
 





コメント前に、ポチッと応援ヨロシクお願いします!(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ 
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!


「ラッシュアワー3」は、日本人英語学習者が観て(聞いて)頂きたい俳優さんが出演しています。
【Read More】をクリックしてご覧下さい。
関連記事
2009/01/14

アクセス4千人超えました

昨日、アクセス4千人を超えました。
ご訪問頂いた方々に厚く御礼申し上げます。
有難うございます。

このブログはタイトルを2回も変更し(リンクを貼って頂いてる皆さん、ご迷惑をおかけしました)、ブログ・テーマもそれに伴って変更してきました。
今やっと落ち着き、記事を書くことを楽しめるようになりました。

実は、私はあることに憤慨し、真剣に閉鎖を考えたことがありました・・・・・・・・

その時、彗星のように現れたひとりの女性、発音インストラクターの英語キャンバスを運営されているtomoさんとの出会いが、ブログ継続へと導いたのです。

「ブログを続けなさい。」という亡父からのサインではないか、と自分勝手に解釈しました。(笑)

つたないブログではありますが、今後とも宜しくお願いします。



アガサ・クリスティーの全作品を読破するため、新しいブログを開設しました。
洋書多読をこのブログから独立させ、新しいブログを開設しました。
私って、つくづく暇人~(自爆)
ブログ・タイトルは、このブログの一番最初のタイトルだった

ペーパーバックで夜更かし

を、復活させました。
クリスティー作品を読んだ時だけ更新するので、まったり更新になります。
新しいブログも宜しくお願いします。


ご祝儀にポチッを、ヨロシクお願いします!(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!
  

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
関連記事
2009/01/13

義父が飲んでいたスープの正体は?

夫の父親が妙なスープを飲んでいるのを目撃したことがありました。
白っぽいものが沢山浮かんでいるのです。

「なんだ、あの白いものは?」

よ~く見てみると、それは・・・・・

インスタントラーメンじゃないの!!

麺を粉々にして、スプーンで食べれるようにしてあったのです。

所変われば品変わる

インスタントラーメンがヨーロッパ系の人間にかかれば、そういう食べ方になるんですね~オドロキ。

義父が「物足りない・・・ブツブツ」と言ったので、

私は「刻んだshallotsを入れればいいよ。」

と日本式インスタントラーメンの食べ方から、ちょっと知恵を伝授したのでした。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
関連記事
2009/01/09

ジュリア・ロバーツは別嬪なだけではない

しばらく休んでいたParrot's Lawを再開しました。
(それなに?と言う方は、メニューをご覧下さい。)

ジュリア・ロバーツの映画「エリン・ブロコビッチ」を見た時、私は「ジュリア・ロバーツの口ってデカイ 一人芝居を見てみたいものだなあ。」と思ったのでした。



【左】DVD
【右】映画英語リスニング・トレーニング


そう思い続けていると、松澤喜好先生がParrot's Lawの教材として、ジュリア・ロバーツ朗読のオーディオブックを推薦されているではないですか!
これこそLike a dream come true!


発売元RAMDOM HOUSE AUDIOで、冒頭の1分半を試聴できます。 

オーディオブックというのは、本を朗読する人は普通一人で朗読していて、一人二役どころか登場人物全員の役をこなします。
ジュリア・ロバーツも全登場人物、子供から(主人公の)おばあちゃんまでをひとりで朗読しています。
その見事なことといったら!

さすがはオスカー女優!

ジュリア・ロバーツは、
別嬪なだけではなかった!!



ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ 
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!


You Tubeにて、映画「エリン・ブロコビッチ」でのジュリア・ロバーツの早口シーンをご覧下さい。
ジュリア・ロバーツがしゃべる!怒る!咳もしてました・・・(笑)
2009/01/08

オーストラリアの「お正月」?

そういえば、私、どうやってお正月を祝うのかを、未だかつて人様に伺ったことはないですねえ。

オーストラリアは多民族国家ですから、それぞれのお宅で習慣も宗教も違います。
ちなみに、中国系の人達のChinese New Yearは旧暦ですから、1月1日は彼らの元旦ではありません。

ヨーロッパ系移民にとって、1年のうちで最も重大な行事はお正月ではなくクリスマスです。
12月の1ヶ月間は、ずーーとクリスマス・ムードが続き、31日はやっと新年を迎える雰囲気になります。

【我が家の大晦日】
夕食は外食です。
その年によって、中華だったり、タイだったり色々です。
P1010471.jpg
去年は北京ダックでした。

未だに、年越しそばを食べたことはありません。(苦笑)
夕食後、バーへ行ったりその辺をウロウロして(笑)、0時の花火が上がるのを待ちます。


【我が家の元旦】

0時になると各都市で一斉に花火が打ち上がります。
それを見て帰宅。

オーストラリアでも元旦は祝日です。
この日は、し~んと静まり返っていて物音ひとつしません。

P1010456.jpg
起床してChampagne Breakfast。
(そうです。起きた途端「飲む」わけです。)
お雑煮もおせちも作りません。
クリスマスに食べまくるので、お正月はごく普通の食事です。
夫の実家も特別なものは料理しません。
嫁の私は、忠実にこれに従いました。(自爆)
特別な料理もなければ、特別なこともしません。
日本のように神社参拝、書初め、のようなことは、ま~たくナシ。
情緒もヘチマもありませんよ。(笑)

【1月2日】
夫の仕事納めはクリスマス・イブ前の金曜日で、仕事始めは2日です。
この休暇をChristmas Holidayと呼びます。
2日にはお店関係も営業を始めます。
毎年デパートの初売りの様子が、テレビニュ―スで放送されます。
これは日本と一緒ですね。(笑)



今年になってまだスーパーに買い物に行っていませんが、すでにイースターのチョコレートが売られているらしいです。(呆)



おまけ
P1010482.jpg
元旦に玄関先で見つけました。
天使の羽みたいですよね。
今年も無事故無病で過ごせますように。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
関連記事
2009/01/06

The Loverを読み終わりました




ここのところ、ずーーとサボっていた読書ですが、以前読んで感銘を受けたマルグリット・デュラスの「The Lover」を、もう1度読んでみました。
原題は「L' Amant」。邦題は「愛人」。
フランス語からの英訳で、わずか百数ページです。
10年以上前に映画化もされました。

【あらすじ】
舞台は1930年代のフランス領インドシナ
現在のベトナムです。
少女はフランス人で15歳半。家は貧しい。
父親は概に亡くなっており、家族は学校長をしている母親と頼りにならない二人の兄達。

かたや、「The Lover」である青年は華僑の資産家の息子で彼女より12歳年上。
パリに留学の経験もあり。

ふたりはメコン河を渡るフェリーで知り合います。
ここから、この二人の交際(と呼んでいいのかどうか?)が始まります。
青年は少女にのぼせ上がるのですが、少女は至って冷静で「二人の間にあるのは利害関係だけ」と割り切っています。
このあたりに、植民地を支配する側とされる側が見え隠れしているような気がします。

少女は学校を卒業後、フランスに帰国することになりますが、帰国の船を青年は自家用車(なんと運転手つき!)の中から見送ります。
それから月日は流れ少女は著名な作家になり、しかし、あの華僑の青年を忘れられずにいると・・・・


【サンディの感想】
私が見たところ(読んだところ)、切なさが随所に現れています。
1930年代に、華僑の男性と白人女性しかも未成年が交際するなんて言語道断だったわけで、それ故に彼女は彼への愛情を自分の中で否定し続けた・・・・・・
ううう~切ない!(←大丈夫か?)
デュラスはこの続編も書いているところを見ると、やっぱり、ずーと、この男性を忘れられないでいたんだなあ。
こりゃ、続編も読まねば。


【心に響いた英語】

......says he loves her madly, says it very softly. Then is silent.


くく~切ない!(まだ言ってる)
この作品は現在形で書かれてるんですよ。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!

You Tubeからの映画の冒頭をご覧下さい。
2009/01/01

謹賀新年 from Australia

新年明けましておめでとうございます

皆さんにとって、2008年はどんな年だったでしょうか。
私は2008年5月21日からこのブログを始め、ブログを開設しなかったら知り合えなかったであろう方々と出会え、共に貴重な時間を過ごさせて頂いた年でした。
ご訪問頂いた方々に、厚く御礼申し上げます。

2009年も訪問者の方々に楽しんで頂けるブログとなれるよう、頑張ってこのブログを盛り上げていきます。
本年もなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

2009年も皆さんにとってより良き年となりますよう、お祈り致します。


管理人 豪州サンディ


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

 
シドニーでの新年の花火をご覧下さい。↓
関連記事
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。