ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2009 101234567891011121314151617181920212223242526272829302009 12
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2009/11/30

サンドラ・ブロックの「あなたが寝てる間に」




サンドラ・ブロックの「あなたが寝てる間に 」(原題:While You Were Sleeping)は、私がこの時期に絶対観る映画のひとつです。

トラックバックテーマ第856回 「クリスマスに観たい映画と言えば?


実は去年のクリスマスの時期に、この映画をすでにご紹介してるのですが、詳しいことを書く暇がなかったので、今年もう一度紹介させて頂きます。



クリスマス・イブのシカゴ。
天涯孤独のルーシー(サンドラ・ブロック)は、鉄道の改札で働いています。
そこに片思いの男性(ピーター:ピーター・ギャラガー)が改札を通り抜け、ホームで追いはぎに合い、線路に落ちて気を失ってしまいます。
ルーシーはその彼を助け、仕事の帰りに病院に様子を見に行きますが、家族ではないので面会を許されません。
その時、話しかけてきた看護師さんがルーシーを婚約者だと勘違いし・・・・・

片思いの男性ピーターは、unconsciousのまま。
ピーターの家族はショックを受けますが、看護師さんがルーシーをピーターの婚約者だとこの家族に紹介してしまいます。

ルーシーは事実をピーターの家族に告げる勇気のないまま、この家族に暖かく迎えられ、クリスマスも一緒に過ごし、そこでピーターの弟ジャック(ビル・プルマン)と出会います・・・・・




このセリフは病院でピーターの家族に初めて会った時、二人の最初の出会いについて聞かれているところで、ルーシーが苦しみながら答える(!)シーンです。

We saw each other, and, um…he,uh, smiled. And…And I knew that…my life would never be the same.

うーん、このセリフの状況は、私にも覚えがあるなぁ。(笑)
今やその人もメタボおやじか・・・・・(自爆)


ピーターの弟ジャックがルーシーを家まで送っていくシーンで、ルーシーがジャックに言います。

God, you’ve just become Mr.Chatty this evening.

このchattyという単語を初めて聞いた方は、覚えておいて下さい。
talkativeと同意語です。

それを受けて、ジャックがルーシーに言います。

Face of the matter is, I’m about to start shivering, and making conversation keeps my face from freezing.

実はジャックは、ルーシーに好意以上のものを感じ始めているのでした。‚́[‚Æ


ラスト近くのルーシーのセリフです。
Youとはピーターのことです。

You allowed me to be a part of your family, and I haven’t had that in a really long time.

天涯孤独のルーシーにとって、ピーターの家族の暖かさは、かけがえの無いものだったようです。
確かに独りは寂しいし、ましてクリスマスのように家族で過ごす時に独りぼっちなんて、耐えられないですよね。


この映画は天涯孤独の女性が、愛とそして義理だけど愛情のある家族を手に入れるところを、クリスマスをバックグラウンドに描いた心暖まる作品です。

私も義理の家族へのクリスマス・プレゼントに頭を悩ますことが出来るのって、幸せなのでしょうね、きっと。(失笑)


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!

 
You Tubeから映画の予告編をお借りしましたので、ご覧下さい。
関連記事
スポンサーサイト
2009/11/28

結婚とは夫婦で手をつないで歩む

北斗晶さんの昨日のブログ記事「14年前の想い出」を読んで、私は号泣しました。
 
昨日の庄司さん&ミキティーさんの披露宴の帰りに投稿されたようです。
(ちなみに、私はこのご結婚されたお二人を知らない・・・・・・)

ずっと…掴んだ手を離さずにひとりが握る力がなくなっても、もうひとりがしっかり握ってれば、離れずにいられる 
それが夫婦だから


私はこの箇所を読んで、滝のような涙を流しました。

その通りだ!!その通りだよ、北斗さん!!(再び号泣)

よく披露宴のスピーチで「夫婦、二人三脚で」って言う人いますよね。
あれは違う。
奴隷じゃないんだから、足なんて縛れるかって。
足じゃない、手をつなぐんだ。

私個人としては、理由によっては別れる方がいいこともあるとは思います。

でも、結婚した男女っていうのは、‚́[‚Æ物凄い縁‚́[‚Æで結ばれてるんですよ。

だから、もしこれを読んでいる人で離婚しようと考えてる人がいたら、もう一回冷静になってじっくり考えてみて下さいね。

うちも今まで色々ありましたよ。
別れた方がお互いのためかな?って思った時だってありました。
でも、今も一緒なのは、北斗さんの上記の文の通りだからなんです。

夫婦手をつないで、しっかり前を向いて歩けば、困難だって乗り越えられるはずですから。
  
関連記事
2009/11/26

Christmas Preparations

今年もやって来ます、クリスマス・・・・・
もう、1ヶ月を切りました。(半泣き)
今年こそ、今年こそ、11月中にChristmas cardsを送る準備をしようと、去年決心したにもかかわらず・・・・
(私、毎年同じ決心してない?苦笑)
まだChristmas cardsも買ってない・・・・・・あははははっ!
もう、笑うしかないでしょう。
(開き直る私)


【オーストラリアらしいクリスマス・カード】
Xmas card 08
クリックで拡大します。


in-lawsの大部分と友人&知人はメールでokですが、にっくき姑などelderlyたちはパソコンを持ってないので、カードを書かないといけないのですわ。
面倒くさいったら、ありゃしないっ!

こういうことは洋の東西を問わず、ヨメの仕事なんですよね~(ため息)
ねぇ~~(ヨメの皆さんの同意を得ようとしている)


文句ばかり言ってても記事になりませんから(笑)、去年のChristmas dinnerのmain dishをご紹介しましょう。

P1010456_20091126110206.jpg
景気付けに(?)、champagneを開けました!
これから私は台所で、暑いおもいをしないといけないので。(苦笑)
本来はred wineを飲みますが、オーストラリアは夏で暑いので冷たい飲み物の方がいいです~。
 

P1010452.jpg
roast lambを作ります。
ご存知のように本来はturkeyを頂きますが、とーちゃんの一家は拘らないので私もそれに習い、 main dishを毎年変えています。
といっても、roast meatのことがほとんどですが。
塩、すり下ろしたニンニク、rosemaryを肉の表面にまぶし、ovenの中で乾燥しないようにolive oilをその上からまぶします。


P1010451.jpg
サイドにも同様に。


P1010462.jpg
pre-heated ovenに入れます。


P1010453.jpg
後からジャガイモとカボチャも加えます。


P1010464.jpg
じゃ~ん!出来ました!


真夏にロースト・ミートを調理するわけですから、オーブンの熱で台所は暑くなります・・・・・
ふぅ~、よろけそう・・・・

さて、今年は何を作ろうかな?
あまり気温が上がらないことを望みます。(半泣き)


あっ、そうそう、とーちゃんとin-lawsへのChrismas presents!
忘れてた!(意識的に?苦笑)
あぁ~、毎年頭痛のタネですよ~

実は、サムライとーちゃんには、このDVDを買いました。



自称サムライのとーちゃんは日本刀とお城が大好きで、このDVDで当分楽しめるかな?(笑)

 
クリスマスに向けて、今年も闘いは始まったのだった・・・・・・(笑) 


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!


コメントを頂けると嬉しいです。
初めての方もお気軽にコメント下さいね。
関連記事
2009/11/25

このブログの方向性

ペーパーバックで夜更かし
という、このブログのタイトルのことを、ちょっとご説明されて頂こうと今日は記事にしてみました。

タイトルからすると、洋書多読ブログと思われたでしょう?
多読というほど読書をしていませんから、中読か少読でしょう。(笑)
もちろん、私はこれからもペーパーバックを読み続けますし、感想を記事にします。

かつて、私は四技能のうちでリーディングが一番苦手だったんです。(泣)
しかし、読書は好きだったのです。


リーディング苦手の読書好き。


私はこの矛盾をなんとかしたいと思いながら・・・・・何もしていませんでした。(自爆)


「時間を忘れるほど夢中になって、ペーパーバックを読めたらいいだろうなぁ~」


というのが、かつての私の夢でした。

それが、このブログのタイトルになりました。

重い腰を上げ、なんとか現在ではペーパーバックを読了出来るまでになりました。

ペーパーバックを読了出来るようになるヒントがほしい方は、こちらへ。


私が英語四技能のうち、もっとも得意とするのは今も昔もリスニングです。
普段の生活で一番大切なのは、「聞くこと」だと思います。
聞いたことが理解出来なければ会話になりませんし、仮に自分に危険が迫っていても、分からないことだってあるかもしれません。


現在の私の英語学習目標は、

リスニングを

上級レベルからネイティブの域まで

鍛える

ことです。



リスニング力をアップさせるには、読書は不可欠です。 

そのことを再確認させてくれたのが、この本です。



私の洋書多読目標は、こちらです。


長々と書きましたが、今までブログの方向性に色々と迷っていましたが、これからは、

・私が読んだペーパーバックのご紹介。
・社会人になってから本格的に英語学習を始めた、私からの実践英語のちょっとした学習アドバイス。

この二本を軸に、国際結婚よもやま話などを加えていきたいと思います。


今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!

コメントを頂けると嬉しいです。
初めての方もお気軽にコメント下さいね。
関連記事
2009/11/20

発音との出会い

サイドメニューのプロフィールにも書きましたが、私は英才教育は受けていませんし、帰国子女でもありません。
そして、英語教師でもありません。

英語は社会人になってから本格的に勉強し始め、シドニーの語学学校に短期留学しましたが、生徒の半分以上が日本人で当てが外れてしまいました。(泣)
帰国してから行き始めた英会話スクールの友人から夫(通称とーちゃん)を紹介され結婚し、それに伴い英語圏での生活がスタートし、それからが実践英語との終わりの無い闘いが始まりました。

とーちゃんとの馴れ初めは、こちらです。

姑は、ヨーロッパの非英語圏出身で発音は良い方ですがお国なまりがすごく(本当にすごい)、勘も悪い人で、私の言っていることが理解出来ず(出来ないフリをした?)、それをネタに随分いじめられました。
とーちゃんと義妹が父親に似たのは幸いです。

私はこのいじめから、人様と話しをすることに恐怖感を持つ、という副産物をもらいました。
とーちゃん以外の人とは、話しをすることが出来なくなってしまった時期さえありました。
このトラウマには、しばらく悩まされました。


しかし、「転んでもただでは起きぬ」の通り、私は姑からのいじめをきっかけに発音に目覚めたのです。


図書館で検索し本とカセットを借り、懸命に発音練習を始めました。
そうなんです。当時はカセットだったんですよ。
時代の流れを感じますね。

Ship or Sheep
私の恩人と呼んでも過言ではない「Ship or Sheep?」です。
 

不思議なんですが、姑以外の人には私の英語はちゃんと通じていました。
もしかすると、発音よりも平坦な日本語的イントネーションが問題だったのかもしれません。

時々、単語単位で聞き返されることはありました。
LとRで大恥かいたこともありました。
こちらで、お読み頂けます。(泣き笑い)


私の発音との出会いは、実は姑のいじめからだったんですねぇ・・・・・


災い転じて福となす


しかし、なぜに今になってこれを記事にしたかというと、自分のブログの今後の方向性を見出したからなんです。
それは、これから順々に記事にしていきますので、またいらして下さいね。 


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!


コメントを頂けると嬉しいです。
初めての方もお気軽にコメント下さいね。
関連記事
2009/11/18

Parrot's Law100回達成!

Parrot's Law(考案者は「英語耳」「単語耳」の松澤喜好先生)を、ついに100回達成しました!

言い訳ですが、家族の心配事やら色々あり、当初の予定より大幅に遅れ、終了まで1年半もかかってしまいました。(涙)
でも、とにかく完走出来ましたぁ~!

Hooray! Hooray! Hooray!!!

やった--!!うれし--!!

【私のParrot's Law挑戦記録】
2008年5月12日開始。
2008年6月27日1/4通過。 
2008年8月5日半分通過。
2009年3月冬眠より目覚める。


50回を超えた時から中だるみで、聞いたり聞かなかったり、いや、ほとんど聞かなかったりという状態を続けてしまい・・・・・(大反省)
しかし、せっかく始めたことですから、完走しようと自分に喝!


いつのことか覚えてないのですが(と言っても60回から80回の間だと思いますが)、米TVシリーズのBonesを見ていてコマーシャルに変わった時に、

今、日本語とまったく同じ感覚で聞いていた!!

ということに気づいたんです。

すごく嬉しかったですね~。(感涙)

そういえば、映画をほぼ100%楽しめたこともありました。
こちらでお読み頂けます。

Parrot's Lawを始めてよかった-!
(いや、完走できてよかった、と言うべきか・・・・・苦笑)


良い事ばかりではなく、自分の反省点も挙げてみますか・・・・・・

【反省点】
・中だるみの最中も、1日5分でも10分でも聞くべきだった。
・シャドウイングはすることはしたが、自分が出来るところだけブツブツとつぶやくように実践してしまった。これから真剣にシャドウイングに取り組もう。


30分の音声素材を100回繰り返しリスニング

と聞くと、すっっっごく大変そうに感じますが、いったん開始したら聞き続ければいいのです。
(って、終了まで1年半かかった私がえらそうに言えませんが。苦笑)


絶対実力がつく
リスニング学習法なので、
英語学習者の皆さんにお薦めします。





【左】 松澤先生ご推薦の上級学習者向けParrot's Law音声素材のAudio book(朗読CD)です。朗読しているのは、聞いて驚け!ジュリア・ロバーツです!!
【右】 言わずと知れた「単語耳 Lv2」。Parrot's Lawのレベル別最適教材も載っています。


【追記です 2009年11月20日】
Parrot's Lawとは、「英語耳」「単語耳」の松澤喜好先生が考案されたリスニング学習法です。

松澤喜好先生のサイト
http://www.scn-net.ne.jp/~language/ 
Listeningかもくじから、Parrot's Lawをお読み下さいませ。




にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!
 

YouTubeから映画「エリン・ブロコビッチ」の一部をお借りしました。
ジュリア・ロバーツの早口振りが聞けます。
Audio bookでの朗読もこんな感じです。
Parrot's Lawに挑戦しようとしている、上級学習者の方のAudio bookご購入の参考になれば幸いです。
関連記事
2009/11/14

英会話を反復練習でモノにする

前回の記事と今回も似た内容です。
前回の記事では洋書を挙げましたが、洋書では抵抗がある方もおられるでしょう。
それに、もう少し書き加えたいこともありましたので、忘れないうちに記事にしてみました。


私の韓国人の友人は日本人と同じく英会話が苦手でした。

ひとつの文章を組み立てて、それが本人の口から出てくるまで時間がかかります。

つまり、英文法が血肉になっていないのです。

知識の段階で止まっているのです。

この友人の英語の知識は、当時の私のそれよりも遥かに上でした。

しかし、語学の知識だけではコミュニケーションはとれません。

話している本人も会話が嫌になり、聞いている方(あたし)はその3倍嫌になり・・・・・・

で、どうしたかというと「ニホンゴで話しましょ。」と友人は言い出しました。 

この友人は日本語が流暢なのでした。(笑)


野球選手が何度もバッティングやピッチングを練習するように、英会話も文法が会話で無意識に使えるようになるまで、何度も何度も口頭練習が必要です。
私もこの練習にはかなりの時間を費やしました。
日本語と英語では語順が違いますから、日本人の場合、この練習にかなりの時間を費やすことが、「英語が話せる」ようになるための大切な一歩です。

【教材の選び方として】
読んでみると「こんなの簡単!」と思うような内容でも、いざ会話で使えるかというと、これが以外と口から出てこないものなんです。
ご自分の実力よりも、やや易しいと思われる教材から始めてみるといいと思います。

そこで、私が推薦するCDブックがこれ!



薄い本ですが、練習量はかなりのものです。
この2冊(Part1&2)で、しっかりと英会話の基礎力を養って下さい。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!


コメントを頂けると嬉しいです。
初めての方もお気軽にコメント下さいね。


【続きを読む】が表示になっていますが、気にしないで下さい。(汗)
関連記事
2009/11/07

英文法を血肉にする

数年前、ワーキング・ホリデーでオーストラリアに来ていた日本人の女の子、Wちゃん(仮名)に、

「どうしたら英語が話せるようになるでしょうか?」

という定番の質問(?!)を受けました。

Wちゃんは私と会った時、ワーホリのビザの期限が残り半年弱だったので、かなり焦っていました。

Wちゃんの英語レベルは初級、日本から持ってきた英語教材と言えば電子辞書だけ、1ヶ月だけ在籍した語学学校の先生に薦められて買ったEssential Grammar in Useが、その時の唯一の教材いうことでした。

それを持っていれば、取り合えず十分!

私がWちゃんにアドバイスしたのは以下の通りでした。

【Essential Grammar in Useを使用して】
・問題が解けるだけでは不足。勉強した英文法が普段の会話の中で無意識に使えるようになるまで、何度も繰り返し学習すること。

・この本に出ている例文をすべて音読し暗記する。そして、実際に暗記した例文を毎日の生活の中で使ってみる。そうすることによって、より英文法が記憶に定着する。


【それ以外の学習法】
・午前中に放送されている子供番組を、リスニングを鍛えるために見る。
特にストーリー・タイムは、スピーキングの速度がゆっくりしているので口の動きを観察出来るので、後々の発音練習のためにもこの番組を見逃さないようにする。出来る時はシャドウイングにも挑戦してみる。

・せっかくオーストラリアにいるのだから、出来るだけ地元の人と話す。

・新しく覚えた単語をメモして、後で辞書で調べる。



この説明の後、私らしく(!)発音のことにもちょっと触れて、発音練習は日本に帰ってからCDブックを購入してするか、親御さんにCDブックをオーストラリアまで送ってもらうように話しました。

発音に関する私の過去記事も合わせてお読み下さいね。
 

特に初級&中級レベルの人は基礎力を養うために、ご自分の血肉になるまで英文法書を繰り返し勉強して下さい。


【語学学校の授業でも使われている洋書の初級英文法書】

【左】 イギリス英語 Wちゃんが持っていたのが、これ。
【右】 アメリカ英語


【中級用はこちら】

【左】 イギリス英語 この文法書は、私の嫁入り道具にもなりました。
【右】 アメリカ英語



みなさん、頑張れ~!!
私もこれからも頑張るよ!!


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!
 

コメントを頂けると嬉しいです。
初めての方もお気軽にコメント下さいね。
関連記事
2009/11/02

ときにはFairy Storiesはいかがですか



このFairy Storiesは、とーちゃんの姪の誕生日プレゼントに買ったものでしたが、私が買ったことを忘れ(涙)贈る時期を逃し、うちの本棚に仲間入りした、という逸話があります。(苦笑)


FC2トラックバックテーマ  第844回「心に残った絵本」




【写真はクリックで拡大します】
P1030147.jpg P1030143.jpg  

【付属のCD】
P1020750.jpg


このCDブックには4つのお話しが入っています。

1.A Visit to Fairyland
2.Fairy Book: An Anthology of Verse
3.The Mermaid Princess
4.The Seventh Unicorn

私の一番のお気に入り3番目のお話しの冒頭を、ちょっとご紹介しましょう。

In a tropical ocean lay a small green island surrounded by sandy beaches and a coral reef. At high tide, when the sea covered the reef, it flowered like a magical garden - filled with brilliant fish, swaying plants and strange sea creatures.


グレート・バリア・リーフが浮かんでくるような文章ですね。

著者のShirley Barberは、イギリス出身でご結婚後オーストラリアに移住され、現在はヴィクトリア州にお住まいです。


実は、私が以前Amazonのレビューに投稿していますので、そちらも合わせてお読み下さいませ。
Amazonではこの本のページ数が20ページとなっていますが、私がイラストのみのページ抜きで数えたところ69ページでした。


【追記です 2009年11月3日】
・最初にアップした写真がいまいちだったので、写真を差し替えました。
・3番目のお話しはオーストラリアの熱帯が舞台ですが、それ以外はイギリス的だと思います。ご参考までに。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!


コメントを頂けると嬉しいです。
初めての方もお気軽にコメント下さいね。
関連記事
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。