ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2013 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 08
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2013/07/27

Hardy Boys 第2巻「The House on the Cliff」を読了





第1巻 The Tower Treasureを読了し、予想に反して面白かったので、調子に乗って第2巻も読むことにしました(笑)。
 

内容紹介
When Mr. Hardy disappears while investigating a mystery surrounding a vacant house rumored to be either haunted or an abode for criminals, the Hardy Boys search for the truth.



私が風邪をひく前に読了したのですでに2週間が経っていますが、感想を一言でいうと、

読むんじゃなかったよっ(怒)!

つーか、買うんじゃなかったよっ(泣)!


上記の「内容紹介」にも書いていますが、父親のMr. Hardyが事件調査中に行方不明となります。
Hardy BoysがこのThe House on the Cliffが怪しいと探しに出かけます。
今回の敵はDrug Smugglersなのに、Hardy Boysの母親はこの子達の学校の友達に応援要請までします。

なぜ警察にMr. Hardyの行方不明を届けないの?
Hardy Boysとその友達は高校生ですよ!
なぜ、Drug Smugglersがらみの危険な事件に、親が自分の子供の首をつっこませるのか?

いくら小説といっても、この巻にはいき過ぎな部分が見られます。
あまりにも“常軌を逸した”ストーリーと言えます。
しかも、この巻が出版されたのは1920年代後半ですからね。
もう~、私は呆れかえりました! 


“Snattman(悪漢の姓) might have a guard at the top and there’s no use advertising our presence.”


弟のJoeのセリフです。
私はずーと昔これと似たような文章を読んで、advertisingの別の使い方を学んだのでした。


DSCN1602.jpg
せっかく撮ったので載せておこうか(半泣き)。


今後、Hardy Boysを読むべきか迷いましたが、すべての巻が“常軌を逸した”ストーリーではないと思いますので、もう数冊読むことにしてみますか・・・・・・


それでは、どちらさまも、Have a very good weekend!


あなたのご訪問を感謝してます。
関連記事
スポンサーサイト
2013/07/24

近所の海岸 Day & Night 【動画】

更新休止しているのもストレスになりますので(苦笑)、うちの近所の海岸の動画をご紹介します。
私が撮った物ですので、期待なさらずにご覧下さい(笑)。









体調が良くなり次第、本のレビューを再開します。




あなたのご訪問を感謝してます。
関連記事
2013/07/10

風邪でダウン

とーちゃんと二人して風邪でダウンです。

私の場合は、悪化しない替わりに回復もしません。

なぜだ~~(涙)

でも、ひとつだけ自分を励ませることが!



今月は誕生月なので思い切って

kobo gloを購入しました!



元気になり次第、ブログ更新を復活します。
もちろん、kobo gloも記事にしますよ。
お楽しみに!



あなたのご訪問を感謝してます。
コメント欄は閉じさせて頂きます。
関連記事
2013/07/02

2013年上半期をふり返って


洋書15冊 + オーディオブック2冊

これが今年上半期の読了本と聴取済みのオーディオブックの総数です。
本は児童書も含まれていますので、ページ数にすると大人のペーパーバック15冊より少ないですが、過去2年間体調不良で全く読書出来なかったことを考えると、自分なりに「読めた」という満足感があります。

この半年の間に“読書革命”と呼べる出会いがありました。

それは、なんといっても、

Kindle Paperwhite

が、私の人生に登場したことです。


じゃ~ん
P1100422.jpg


Kindleのおかげで、「Nancy Drew」と「The Hardy Boys」それぞれの第1巻を読了することが出来ました。
これは「いつか読みたい」と、数十年思っていたことだったので、自分の願いを果たすことが出来て本当に嬉しいです。
その他、やはりKindleのおかげで初めて買った洋書を思い出したりもしました。
私の多読ライフ、Kindleでさらに楽しく読書の幅が広がりそうです。

殆どKindleの話になってしまいましたね(笑)。

児童書を楽しんで読めるようになったのも、上半期の収穫でした。
まだペーパーバックを読めなくて児童書を読んでいた時期、「早くペーパーバックを読めるようにならなくては・・・」という焦りがありました。
現在、純粋に楽しんで児童書を読めるようになったことは、本当に喜ばしいことです。
 
下半期も児童書を合間に読みながら、拙ブログ開設以前に挫折した本にも再挑戦してみたいと思います。



上半期もご訪問ありがとうございました。
心から感謝を申し上げます。
下半期もどうぞ宜しくお願い致します。

あなたの多読が楽しいものになりますように。

 



 

あなたのご訪問を感謝してます。
関連記事
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。