ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2009/03/19

映画「Last Chance Harvey」を観て来ました

火曜日の夜、ダスティン・ホフマンエマ・トンプソン主演「Last Chance Harvey」を観て来ました。

Harvey

名優の共演、そして、特にエマ・トンプソンは私の好きな女優さんでもあり、久しぶりに彼女のブリティッシュ・アクセントが聞けるとあって、朝からワクワクしていました♪

【あらすじ】
離婚経験者のHarvey(ホフマン)はロンドンにいる娘の結婚式のため渡英しますが、娘から結婚式で花嫁の腕を取ってヴァージンロードを歩くのはHarveyではなく、娘の養父だと告げられショックを受けます。
おまけに、仕事はクビになるというダブルパンチ。
帰国便に乗り遅れたHarveyは、ヒースロー空港のレストランでKate(トンプソン)に出会います。
二人は意気投合し、Kateの説得で、Harveyは欠席するはずだった娘の披露宴に出席します。
Kateを伴って・・・・・・
披露宴でのHarveyのスピーチは、この映画のひとつの山場です。
さて、クビになったはずのHarveyに仕事復活の連絡が入ります。
仕事を取るか、Kateとの出会いを取るか・・・・・・

【サンディの感想】
大人の恋、離婚して母親に引取られた娘との関係、Kateと彼女の母親との関係・・・・・
生きていると色々あるものですねぇ・・・・とうなづいたり、同情したり。
しかし、別れた妻の現在の夫が娘とヴァージンロードを歩くとは、Harveyにとって寂しく悔しい思いですよね。
これでそれまでのHarveyと娘の関係がなんとなく想像出来ます。
披露宴でのHarveyのスピーチによって二人のわだかまりが氷解し、二人でダンスを踊ってる時、

娘「Thanks for coming back.」
Harvey「Thanks for having me back.」
という短い会話で、二人の関係が修復されたことを物語っていました。

HarveyとKateですが、ごく自然に二人で話しながら歩く、という感じです。
Kateは保守的、Harveyはその反対で、「代表的イギリス人とアメリカ人だなぁ。」とちょっと笑ってしまいました。
二人の気持ちがピッタリと寄り添っているというか、常識と良識のある大人らしい会話で、あくまでも演技力で勝負しているのは「さすが名優の共演!」と感心したサンディでした。

人間って孤独を抱えながら生きていて、だから人生の相棒が欲しいんだ、と、ふと思いました。

ところで、ホフマンは現在71歳!見えない!
得意のピアノの腕前も披露し、映画を盛り上げました。

おまけに、ロンドンのいい所も見れて、イギリスに行きそびれた私はちょっと得した気分でした。

【この映画の英語】
大人のラブストーリーのため、スラングがやたらと出てくる映画と違い聞きやすいと思います。
ただイギリス英語に慣れていない方がエマ・トンプソンの英語を聞くと、ちょっと戸惑うかもしれませんが、これもリスニングの「修行」です。(笑)




私、ほぼ100%この映画を聞き取れました!
うれしー!!
ラブ・ストーリーなので、専門用語やら難しい単語が出てこなかった、ということもありますが。(苦笑)
以前は、映画を観る時「お金払ったからには聞き逃してはいかん!」と体に力が入ったものですが、特別踏ん張らなくても大丈夫でした。(笑)

読書とParrot's Lawの効果が現れたのだと思います。

やはり、リスニングと読書は深いつながりがあるんですね。

どういうつながりかワカランという方は、これをお読み下さい。
>


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
*コメントは管理人の承認後に表示されます。

You Tubeからお借りした予告編をご覧下さい。
 

ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
*コメントは管理人の承認後に表示されます。
関連記事
私もいつか~
ほぼ100%聞き取れたんですね~
いいなー、うらやまし~
私もその境地を目指しますよ~。

映画の100%リスニングは、大きな夢です。
きっとものすごく楽しいだろうなあと思います^^

ホフマンは71歳ですって~
(食いついたのはそこ?(笑))
とても見えないですねー。予告編を見ながら、そこばかり
見ていた私(^^;)  失礼しました。
[ 2009/03/20 ] [ 編集 ]
コメント有難うございます!
v-4 tomoさん
>私もその境地を目指しますよ~。
tomoさんなら、きっと出来ますよ!
だって、正しい英語の音が頭に入ってますから。

>ホフマンは71歳ですって~
ホフマンはプロ中のプロですね。
私達夫婦は、たぶん60代の初めだと思ったんですが、
それにしては計算が合わないと・・・・・
秘訣を教えて欲しいですよぉ。(笑)
[ 2009/03/21 ] [ 編集 ]
はじめまして!
こんばんは。はじめまして。
私も、字幕なしで映画を楽しめたら。。。と思いながら既に。。。年経ってます。v-406
サンディさんすごいですね。

いつかイギリスに行きたいって思ってます。
けれど、実際はなかなか英語の勉強がはかどりません。。。

サンディさんのブログ、私のやり直し英語の参考にさせていただきますぅ。v-290

よろしくお願いします。
[ 2009/03/21 ] [ 編集 ]
コメント有難うございます!
v-4 モクモックモさん
モクモックモさん、初めまして。ようこそお越し下さいました!
いつも100%聞き取れるわけじゃないんですよ。(冷や汗)
昨晩「CSI」を見たら、やっぱり100%は聞き取れなかったです。(半泣き)

旅行代理店に行って、イギリスのパンフレットをもらってきて写真の部分を
切り取り、台所に貼るっていうのはどうでしょうか?
これって、いいモチベーションになりますよ!

私のブログがモクモックモさんの勉強の参考になるか
分かりませんが(苦笑)、読んで楽しんで頂けたら私も嬉しい
です。

>よろしくお願いします。
こちらこそ宜しくお願いします。
[ 2009/03/23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。