ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2009/09/26

とーちゃんとの馴れ初め 後編

前編から遅れること1ヶ月以上・・・・・・
お待たせ致しました!
後編をお送りします。


初めての出会いは「仲人」A子ちゃんとB君によって、成田からバスターミナルに到着したとーちゃんに慌しく引き合わされました。
その後A子ちゃんとB君はさっさと引き上げ(ちょっとぉ~)、初対面のとーちゃんと二人、すでに夜遅かったので急いで夕食を食べた後、宿泊先へと案内しました。

A子ちゃんの総指揮のもと、私はとーちゃんを3日間観光させることになっていました。
この3日間にキューピットが矢を放った模様です(笑)。

私達二人は初対面だったにもかかわらず、どこへ行っても夫婦に思われてしまったんです。
縁と呼んだらいいのでしょうか?

だけど、あの時一体どんな会話をしたのか、今となってはぜ~んぜん覚えてないんですよねぇ(自爆)。

A子ちゃん、B君と4人でメキシカン・レストランで食事をした夜は今でも忘れられません。
あの楽しい時が永遠に続くような気がしていました・・・・・・・

さてさて、とーちゃんは1週間の日本滞在を終え(あれ?10日だったかな?笑)ニュージーへ帰国する時、私は1、2か月内にとーちゃんを訪問することを誓わされたのです。
その後、とーちゃんに会いにニュージーへ行き、その時スピード婚約し、私は婚約指輪をはめて成田に降り立ったのでした。
周囲の度肝を抜いたのは、言うまでもありません。

しかし、この時キューピットはまるで帳尻を合わせるかのように、A子ちゃんとB君に鉛の矢を放っていたのです。
私は正直なところ、この二人が近未来結婚するとまでは思っていなかったのですが、明日にでも結婚したいA子ちゃんとまだ結婚は先の話しのB君の仲は、ある日突然終止符を打ってしまいました・・・・・・

ショックを受けたA子ちゃんは突然海外へ行ってしまい、その後プッツリと連絡が途絶えました。
私は婚約中のめでたい気持ちが失せ、かなり落ち込んでいたのを昨日のように覚えています。

その後、私は勤務先を結婚退職し、ニュージーへと渡ったのでした。
そして、数年後オーストラリアに移民し、現在に至っています。



今思い出してみると、A子ちゃんとB君は私達夫婦の本当のキューピットで、その役目が終るとさっさと私達の人生から去っていったように思えます。
B君ともその後連絡が途絶えてしまいました・・・・・・

A子ちゃん、B君が、どこかでそれぞれ幸せに暮らしていることを祈っています。


しかし、あの時はかっこよく思えたとーちゃんも、今やメタボおやじ・・・・・
って、まぁ、お互い様ってとこですか(笑)。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!


コメントを頂けると嬉しいです。
初めての方もお気軽にコメント下さいね。
関連記事
ご無沙汰です
聞きたくても聞けなかった話を聞いちゃいました(*^_^*)
ニュージーに行って指輪を貰った時は幸せだったでしょうね~♡
あ、違うか今が一番幸せですよね♪
縁結びのAさんBさんも誰かに縁を結んで貰って
きっと幸せでいますよ~
今日は美味しい話をありがとうございました。

[ 2009/09/27 ] [ 編集 ]
運命ですね
すごいですね~v-238
そんなに劇的なスピード結婚だったのですね^^
もとから出会う運命を感じずにいられません。

残念ながら結ばれなかった二人も、今はそれぞれの
運命の人を見つけているのかも知れませんね。
人の縁って不思議ですね。

3日間の観光案内では、すごく気が合ったの
でしょうね。なにかビビビと来るものありましたか?
ニュージーに行ったのは、その時がは初めてだったの
でしょうか。(質問攻めだ・・・)
[ 2009/09/27 ] [ 編集 ]
コメント有難うございます
v-4 たいがさん
こちらこそご無沙汰してます。
色々あった結婚生活ですが、今はやっと落ち着きが出て
きました。(苦笑)
A子ちゃんもB君も、今は幸せであることを願っています。

v-4 tomoさん
結婚というのは、やっぱり縁なんだと思います。
確かに縁って不思議ですよね。

A子ちゃんもB君も、今は幸せであることを願っています。

ビビビとはきませんでしたが(笑)、一緒にいることが
自然な気がしました。
ニュージーに行ったのは、この時が初めてでした。

[ 2009/09/28 ] [ 編集 ]
 ひやー、ドラマチックですねー。おうちのかたもびっくりされたでしょうねー〈年頃の子供を持つ身としては、つい親の立場に。。。)
 「ご縁」といいますけど、ほんとうにそうなんですよね!
〈英語でご縁ってなんていうんだろ・・・)
 一緒にいるのが自然な気がしました、っていうの、いいですねー、だから今も、たとえいろいろあっても、仲良くされているんですねー
 素敵なお話をありがとうございました!
 
[ 2009/10/01 ] [ 編集 ]
コメント有難うございます
v-4 点子さん
いえ、実は母は特別驚かなかったです。
母はとーちゃんと私は縁があると信じていたらしい
です。
父はもう他界していました。

>〈英語でご縁ってなんていうんだろ・・・)
文化の違いで「縁」そのものにあたる英単語は
ありませんが、 男女の縁なら「destiny」でいかが
でしょうか?

お恥ずかしい話しですが、大喧嘩して離婚直前まで
いったこともあります。
それでも、今も一緒にいるということは、しつこい
ようですが、縁なんでしょうね。
[ 2009/10/02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。