ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2009/10/12

Alice's Adventures in Wonderlandを読了しました

この週末は、私もWonderlandに行ってきましたよ。(笑)
この本は、忘れもしない2002年のクリスマス・ショッピングの時に購入し、5、6ページほど読んでクリスマス準備の忙しさのため、そのまま積ん読のメンバーとなってしまったのでした。

今回、ブログ友達である点子さんの記事を読んで、「あれから7年・・・今こそ、リベンジの時だ!」と慌てて積ん読から救出しました。


P1030029.jpg
私のAlice本。
 

「Alice」にはunabridgedとabridgedがあるようで、私が読んだのは「complete and unabridged」です。
私が真っ先に思ったのは、文章がvery British! (当たり前ですわ。笑)


冒頭の部分をご紹介しましょう。

So she was considering in her own mind (as well as she could, for the hot day made her feel very sleepy and stupid), whether the pleasure of making a daisy-chain would be worth the trouble of getting up and picking the daisies, when suddenly a White Rabbit with pink eyes ran close by her.

アリスの前にウサギが現れる場面です。
読んでいるうちに、語学学校でライティングの指導を受けていた時のことを思い出しました。
文法のお手本でも読んでいるような文体です。


しかし、今の私には児童書は退屈だったようで、途中で居眠りすること数回・・・・・(笑)
さすがにウサギは現れなかったですが。(自爆)


尋ねているのはAliceで、the CatとはCheshire Catのことです。

'Would you tell me, please, which way I ought to go from here?'
'That depends a good deal on where you want to get to,' said the Cat.

児童書といえども、この箇所はうなりました。


何はともあれ、リベンジcompleted!




【左】unabridged版
【右】点子さんから教えて頂いた講談社の英語文庫。註付きです。


【追記です 10月12日】
点子さんから頂いたコメントで、自分の記事があまりにも雑というか、国内英語学習者の皆さんのことを考えてなかったな~と反省しました。
点子さんがコメントで仰っておられる通り、非英語圏の日本人には「Alice」を理解するのは困難かもしれません。
私自身がイギリス文化(あるいは英語圏の文化)を理解しているかは謎ですが(笑)、英語圏に住んでいるうちに何かしらは学んだようです。
「Alice」は児童文学ではありますが、イギリス文化をちょっと凝縮した本と解釈されるといいかな、と思います。
Wikipediaの「不思議の国のアリス」をお読みになると、理解の助けになると思います。

点子さんのコメントに助けて頂きました。有難うございます。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!


You Tubeから、懐かしい動画(私にとって、ですが)を見つけました。
地元の図書館で「Alice」のビデオを借りたことがあったんですが、ちょっと不気味で面白かったです。


ディズニーとは随分違いますね。(苦笑)
でも、こっちの方が原作に近いかもしれませんね。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!


コメントを頂けると嬉しいです。
初めての方もお気軽にコメント下さいね。
 こんにちは!さすがはサンディさん、さっそく読了されたんですね! 私はずるをしてその講談社の註にとってもおせわになりながら読みました。註なしでは私には無理です!確かに文法はきっちりしててわかりやすいですが、英語圏の文化というか、マザーグースだけでなく、アリスが暗唱している詩とかがわからないと、なんのことだか、みたいな感じなわけですね!私の拙い記事も紹介していただいてありがとうございました。動画、ディズニーを先に見てるだけに違和感というか不気味ですよね。
[ 2009/10/11 ] [ 編集 ]
コメント有難うございます
v-4 点子さん
私の記事があまりにも雑なので、点子さんのコメントに
助けて頂きました。
本当に有難うございます。

この動画が点子さんの記事へのコメントで、先日私がお話し
した映画(TV番組?)です。
不気味ですよね~(笑)
[ 2009/10/12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。