ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2009/11/02

ときにはFairy Storiesはいかがですか



このFairy Storiesは、とーちゃんの姪の誕生日プレゼントに買ったものでしたが、私が買ったことを忘れ(涙)贈る時期を逃し、うちの本棚に仲間入りした、という逸話があります。(苦笑)


FC2トラックバックテーマ  第844回「心に残った絵本」




【写真はクリックで拡大します】
P1030147.jpg P1030143.jpg  

【付属のCD】
P1020750.jpg


このCDブックには4つのお話しが入っています。

1.A Visit to Fairyland
2.Fairy Book: An Anthology of Verse
3.The Mermaid Princess
4.The Seventh Unicorn

私の一番のお気に入り3番目のお話しの冒頭を、ちょっとご紹介しましょう。

In a tropical ocean lay a small green island surrounded by sandy beaches and a coral reef. At high tide, when the sea covered the reef, it flowered like a magical garden - filled with brilliant fish, swaying plants and strange sea creatures.


グレート・バリア・リーフが浮かんでくるような文章ですね。

著者のShirley Barberは、イギリス出身でご結婚後オーストラリアに移住され、現在はヴィクトリア州にお住まいです。


実は、私が以前Amazonのレビューに投稿していますので、そちらも合わせてお読み下さいませ。
Amazonではこの本のページ数が20ページとなっていますが、私がイラストのみのページ抜きで数えたところ69ページでした。


【追記です 2009年11月3日】
・最初にアップした写真がいまいちだったので、写真を差し替えました。
・3番目のお話しはオーストラリアの熱帯が舞台ですが、それ以外はイギリス的だと思います。ご参考までに。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!


コメントを頂けると嬉しいです。
初めての方もお気軽にコメント下さいね。
関連記事
素敵です!
こんばんは。

とっても素敵な装丁の絵本とCDですね。v-10

英文は、なんとな~くしかわからないのですけどv-406オーストラリアの海を愛してらっしゃるからこその表現なんだろうなあって思いました。

とても品があって、インテリアにも良いですよね。。(絵本の内容、物語の読解が大切ですよね。。v-390

アマゾンのレビュー、今から行ってみますね。v-290




[ 2009/11/02 ] [ 編集 ]
コメント有難うございます
v-4 モクモックモさん

追記にも書きましたが、写真を差し替えました。

>オーストラリアの海を愛してらっしゃるからこその表現なんだろうなあって思いました。
そこを読み取れたモクモックモさん、すごい!

確かに飾っても素敵かもしれませんね、この本。
[ 2009/11/03 ] [ 編集 ]
可愛いです~!
見た瞬間、好きだな~と思いました。
妖精って子供の時から好きだったんです。
今は妖精を信じられるほどピュアでは無くなってしまったけど…。
絵が本当に綺麗ですね。この本。
持っているだけで満足できそうですが、英語のお勉強にもなるし、一石二鳥ですね!
[ 2009/11/16 ] [ 編集 ]
コメント有難うございます
v-4 pianohimeさん

ねぇ~すごく綺麗な絵でしょう。

>今は妖精を信じられるほどピュアでは無くなってしまったけど…。
いえ、それは、今でも信じてたらちょっと・・・でしょう。(苦笑)

今にしてみると、姪にプレゼントしないでよかったと思ってます。 (笑)
[ 2009/11/17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。