ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2009/11/07

英文法を血肉にする

数年前、ワーキング・ホリデーでオーストラリアに来ていた日本人の女の子、Wちゃん(仮名)に、

「どうしたら英語が話せるようになるでしょうか?」

という定番の質問(?!)を受けました。

Wちゃんは私と会った時、ワーホリのビザの期限が残り半年弱だったので、かなり焦っていました。

Wちゃんの英語レベルは初級、日本から持ってきた英語教材と言えば電子辞書だけ、1ヶ月だけ在籍した語学学校の先生に薦められて買ったEssential Grammar in Useが、その時の唯一の教材いうことでした。

それを持っていれば、取り合えず十分!

私がWちゃんにアドバイスしたのは以下の通りでした。

【Essential Grammar in Useを使用して】
・問題が解けるだけでは不足。勉強した英文法が普段の会話の中で無意識に使えるようになるまで、何度も繰り返し学習すること。

・この本に出ている例文をすべて音読し暗記する。そして、実際に暗記した例文を毎日の生活の中で使ってみる。そうすることによって、より英文法が記憶に定着する。


【それ以外の学習法】
・午前中に放送されている子供番組を、リスニングを鍛えるために見る。
特にストーリー・タイムは、スピーキングの速度がゆっくりしているので口の動きを観察出来るので、後々の発音練習のためにもこの番組を見逃さないようにする。出来る時はシャドウイングにも挑戦してみる。

・せっかくオーストラリアにいるのだから、出来るだけ地元の人と話す。

・新しく覚えた単語をメモして、後で辞書で調べる。



この説明の後、私らしく(!)発音のことにもちょっと触れて、発音練習は日本に帰ってからCDブックを購入してするか、親御さんにCDブックをオーストラリアまで送ってもらうように話しました。

発音に関する私の過去記事も合わせてお読み下さいね。
 

特に初級&中級レベルの人は基礎力を養うために、ご自分の血肉になるまで英文法書を繰り返し勉強して下さい。


【語学学校の授業でも使われている洋書の初級英文法書】

【左】 イギリス英語 Wちゃんが持っていたのが、これ。
【右】 アメリカ英語


【中級用はこちら】

【左】 イギリス英語 この文法書は、私の嫁入り道具にもなりました。
【右】 アメリカ英語



みなさん、頑張れ~!!
私もこれからも頑張るよ!!


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!
 

コメントを頂けると嬉しいです。
初めての方もお気軽にコメント下さいね。
関連記事
私の塾にもこのgrammer in useの本シリーズあります♪
あまり使ってませんが、個人的には結構使えると思ってますe-266
私も生徒からよくこういう質問受けるんですけど、
とにかく問題解きまくって私にでも、学校のネイティブの先生とでも英語を喋ってね、といっていますが…。
日本人は本当にシャイですねぇe-263
素敵な記事ありがとうございました!
私も参考になりました♪
[ 2009/11/07 ] [ 編集 ]
コメント有難うございます
v-4 おしず氏さん

大抵の語学学校で、このシリーズを使ってるはずですよ。
ロング・セラーですよね、このシリーズって。

日本人は完璧主義に陥りやすいと思います。
「間違えたら笑われる」、「間違えたら恥ずかしい」など・・・・・・
私のお世話になったESLの教師は、
「(少しぐらい間違っても)It doesn't matter!」
と言って、いつも励ましてくれました。
[ 2009/11/09 ] [ 編集 ]
どうしたら英語を話せるようになるか?
永遠のテーマですね。サンディさんだと、よく聞かれるのでしょうね。サンディさんのアドバイスは本当にそうだと思います。
私も肝に銘じて頑張らないと!

ところで、ブログ直ったような様子です^^
サクサクみれています。エラーも出ていないです。^^
[ 2009/11/09 ] [ 編集 ]
コメント有難うございます
v-4 tomoさん

本当に永遠のテーマですね。はあ~(ため息)
そうなんです、この質問はよ~く尋ねられます。
私のアドバイスにご賛同頂き、感謝です。(うるうる)
当ブログの回覧障害の件ですが、お知らせ頂き本当に有難うございました。
サクサク見れますか!
ああ、よかった!
本当に有難うございました。
[ 2009/11/10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。