ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2009/11/20

発音との出会い

サイドメニューのプロフィールにも書きましたが、私は英才教育は受けていませんし、帰国子女でもありません。
そして、英語教師でもありません。

英語は社会人になってから本格的に勉強し始め、シドニーの語学学校に短期留学しましたが、生徒の半分以上が日本人で当てが外れてしまいました。(泣)
帰国してから行き始めた英会話スクールの友人から夫(通称とーちゃん)を紹介され結婚し、それに伴い英語圏での生活がスタートし、それからが実践英語との終わりの無い闘いが始まりました。

とーちゃんとの馴れ初めは、こちらです。

姑は、ヨーロッパの非英語圏出身で発音は良い方ですがお国なまりがすごく(本当にすごい)、勘も悪い人で、私の言っていることが理解出来ず(出来ないフリをした?)、それをネタに随分いじめられました。
とーちゃんと義妹が父親に似たのは幸いです。

私はこのいじめから、人様と話しをすることに恐怖感を持つ、という副産物をもらいました。
とーちゃん以外の人とは、話しをすることが出来なくなってしまった時期さえありました。
このトラウマには、しばらく悩まされました。


しかし、「転んでもただでは起きぬ」の通り、私は姑からのいじめをきっかけに発音に目覚めたのです。


図書館で検索し本とカセットを借り、懸命に発音練習を始めました。
そうなんです。当時はカセットだったんですよ。
時代の流れを感じますね。

Ship or Sheep
私の恩人と呼んでも過言ではない「Ship or Sheep?」です。
 

不思議なんですが、姑以外の人には私の英語はちゃんと通じていました。
もしかすると、発音よりも平坦な日本語的イントネーションが問題だったのかもしれません。

時々、単語単位で聞き返されることはありました。
LとRで大恥かいたこともありました。
こちらで、お読み頂けます。(泣き笑い)


私の発音との出会いは、実は姑のいじめからだったんですねぇ・・・・・


災い転じて福となす


しかし、なぜに今になってこれを記事にしたかというと、自分のブログの今後の方向性を見出したからなんです。
それは、これから順々に記事にしていきますので、またいらして下さいね。 


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!


コメントを頂けると嬉しいです。
初めての方もお気軽にコメント下さいね。
関連記事
わかります!
分かってくれない人がいる。というのは私も今でもあります。
スーパーの店員ですね。
夫に言わせると下級社会層だから、そうなっちゃうらしいです。
彼らの言葉遣いはネイティブの夫だって聞き取れないことがあるそうです。
それを聞いて安心して、堂々と話すように心がけています。
びくびくすると通じにくくなるのですよね。
[ 2009/11/20 ] [ 編集 ]
コメント有難うございます
v-4 pianohimeさん

ネイティブのご主人にも聞き取れない英語?!
それをお聞きして、妙に安心しました。(苦笑)

>堂々と話すように心がけています。
これは大切なことです。
日本人は萎縮してしまいがちですもんね。
[ 2009/11/21 ] [ 編集 ]
苦難を味わってこそですね
発音上達の背景には、いろいろご苦労があったのですねえ。姑さんは、確かに分からないのではなく、聴こうとしなかったのでしょうねえ。そんな気がします。
でも、裏を返せば、悔しい思いをしたからこそ、強い原動力になったわけですしね。
サンディさんの大きな成長に拍手です^^
[ 2009/11/23 ] [ 編集 ]
コメント有難うございます
v-4 tomoさん

tomoさんの洞察力はすごいです・・・
私の母にはイジメのことは話してないのですが、母も「あのお義母さんは冷たい。」と言ってます。
確かに物凄い原動力になりました。
そして、発音はtomoさんとお知り合いになるきっかけにもなりましたし、一石数鳥です。

>サンディさんの大きな成長に拍手です^^
ありがとうございます!
これからも精進します。
[ 2009/11/24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。