ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2008/07/18

映画「マイ・ビッグ・ファット・ウエディング」に見る結婚



【あらすじ】
原題は「My Big Fat Greek Wedding」です。
新郎新婦ともアメリカ人ですが、新婦がギリシャ系二世、新郎がWASP。
習慣も宗教も違うふたりが、新婦の一族のお節介の渦(!)から無事にギリシャ式の結婚式を挙げるまでの笑いと涙の物語。


【サンディの感想】
多民族国家のマイノリティとマジョリティの結婚って、「国際結婚並みにタイヘンなんだ~!」と興味津々で観たこの映画は、日本に里帰りする機内だった、というのも偶然ではないような気がしました。
このふたりが結婚する前に、新郎がギリシャ正教に改宗するのですが、この男性、一人っ子なんですよ。
私が新郎の母だったら、怒り狂いますよ。本当に。
でも、新婦の一族の固い絆が、自分の国を離れた私にはうらやましい気がしました。
やはり、マイノリティだと家族や一族の絆が強くなるんでしょうね。
夫もアングロ・サクソン社会にあってマイノリティの部類に入りますが、西欧の出身のためか、このギリシャ一族の絆の半分も持ち合わせていません。

披露宴での新婦の父親の「しょせん私達は人間同士」という内容のスピーチには泣けました。
その披露宴で「踊る阿呆に見る阿呆」とばかりに、新郎の両親も踊りの輪に参加したのは、なにか私でさえも嬉しかったです。

こうやってみると、相手が誰であろうと

結婚とは異文化との戦い

といえるような気がしますね。(苦笑&汗)
日本人同士だって出身地が違うと、お雑煮だって違いますもんね。


【サンディの格言】
結婚とは人生の一番大きな修行かも・・・。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!

You Tubeから、この映画の予告編をお借りしました。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
関連記事
面白そうですね! 私も夫とは同じ日本ではありますが、出身地も、また親族の職種なども全く異なっていて、まさしく異文化交流でした。もちろん国際結婚にくらぶべくもありませんけれど・・・ずいぶんなれましたが、若い頃はとまどいと苛立ちの連続でした!
[ 2008/07/19 ] [ 編集 ]
点子さん
そうでしたか。
確かに結婚とは、戸惑いと苛立ちの連続ですよね。(泣き笑い)
私は辛い時、美智子皇后様のことを考えました。
恐れ多くも、皇后様のご苦労を思うと、下々の私の苦労なんて大したことはないと。
そして、なんとか今日に至っています。
私の能天気な性格が幸いしていると思います。
(周りは、呆れかえっているはずですよ。笑)

この映画はお薦めです。
「うん、うん。」と共感を覚えること、請け合いです。
[ 2008/07/19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。