ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2009/12/17

英語学習・基本の三本柱 2/4 発音

まえがきから引き続き、今日は発音編です。

私は過去記事で、私自身の体験から何度も発音練習の重要性を訴えてきました。

私の発音の過去記事のひとつをご覧下さいませ。こちらです。


オーストラリアでは今日でも、
(オーストラリアに限らず、おそらく海外はどこでも)

「日本人=英語が出来ない」
「日本人=超がつくほど英語ヘタクソ」・・・・・と思われています。


日本では「発音は重要ではない。それよりも大きい声で話せばよい」と言う人がいますが、

ネイティブには傍迷惑な雑音にしか聞こえません!


あるいは、「発音より話の内容が大切」などと言う人もいますが、

話の内容がどんなに素晴らしくても、
発音が悪ければネイティブには通じないのです。



私の指南書である「科学的な外国語学習法」から、大切な箇所を抜粋してみましょう。

外国語の発音で,日本語にない音は,まったく聞こえないか,または,その外国語の音に近い日本語の音に聞こえる.日本人の成人の耳は,日本語の音韻システムに完全に順応してしまっているから,日本語にない外国語の音を識別できないのだ.

だから、「リ*ビタンD」が「リ*ビタン・でー」になるわけですね。
Dの発音は、「でー」ぢゃない!(笑)


つまり,自分で発音できない音は,正しく聞き取れない.だから,聞き取り能力の向上には,ヒアリングの練習だけでは不十分で,発音練習が必要となる



正しい発音ができなければ,聞き取りができないし,自分の話も外国人に通じない.日本にいる外国人は,日本人共通の悪い発音に慣れており,あなたが間違った発音をしても,理解してくれるだろうが,外国では,悪い発音の外国語は通じない.


海外旅行でご自分の英語が通じても、それは発音の善し悪しと関係ないかもしれません。
聞き手が、日本人英語に慣れてる方だったかもしれません。
私も旅行では自分の英語が通じて安心していましたが、その後、英語圏に嫁いで、自分の英語が通じなかったことがありました。


語学学習に一夜漬けは不可能です。
忙しい方は、「毎日ひとつの音を発音練習」することを、日課にしてみてはいかがでしょうか?


発音の大切さをお分かり頂けましたでしょうか。
今日はここまでですが、以後、英語発音の良質の教材等の紹介もいたしますので、またいらして下さいね。
次回は、単語編です。






にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!
 

You Tubeから、発音練習に役に立ちそうな動画をお借りしましたので、ご覧下さいませ~♪  




Chinese takeawayで、「liceもいるか?」と聞かれたことがありました・・・・・・・・
いりませんよ!そんなもんっ!!(笑)





オードリー・ヘプバーン主演の映画「マイ・フェア・レディ」より、イライザの発音練習のシーンをご覧下さい。
イライザと一緒に声を出してみると、英語発音のコツがつかめるかもしれません。





にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!
 
コメントを頂けると嬉しいです。
初めての方もお気軽にコメント下さいね。
関連記事
はじめまして!
いつも拝見させていただいてます!
今回、サンディさんお勧めの本を購入しました。
届くのが楽しみです。
発音が大切というのはとてもよく分ります。
私はLとRもぜんぜんダメだし、聞こえないけど存在する言葉も
多々あります(笑
すこしづつですが、がんばって行こうと思います!
いつも、いい助言ありがとうございます!
猫ちゃんたちのブログも毎日、楽しみにしています!!!
[ 2009/12/18 ] [ 編集 ]
コメント有難うございます
v-4 kiyomiさん
初めまして。
ようこそお越し下さいました!

佐伯先生の本を購入されたんですね。
絶版になってしまいましたが、先生は国際ビジネスマンだった方だけあって、お書きになってることが大変論理的です。
学習法のいい指南書になること、間違いなしです

少しづつ頑張る、というのは語学学習の理想だと思います。
頑張りすぎると息切れしますから。(私、経験者です)

猫ブログにも、お越し頂いていたんですね。
有難うございます。
これからも宜しくお願いします。
[ 2009/12/18 ] [ 編集 ]
発音のお話に、だんだん熱くなってきていたところ、
『lice 入りませんよ!そんなもん!』で
笑いオチてしまいました。(大笑)
LとRがくっきり聞き分けられるようになると
そりゃ、『いらんわい!!』ってなりますよねえ^ー^

えっと、話を発音にもどして、この本何度も
紹介されているのを見てましたが、内容にとても
賛同していたので、まだ読んでませんでしたが、
すごく論理的というか、説得力があると感じます。
年末年始に読んでみます。

発音となると、必ずまずくても大きな声でとか
カタカナでも気にする必要ないという意見が出ますが、
自分自身が痛い経験をしてきただけに、なんでそんな
意見になるのだろうと、いつも不思議に思います。

世界での日本人の英語、もっと向上してほしいですよね。。。
[ 2009/12/23 ] [ 編集 ]
コメント有難うございます
v-4 tomoさん
中国語スピーカーもlとrが区別できないんですね。
この話しとは別件で、「a bowl of lice」と聞いた時は、私、失神するかと思いました。(笑)

佐伯先生の本は、ぜひお読み下さい。
元国際ビジネスマンだっただけあり、教育者の書く本とはちょっと違います。

発音の重要性に気がつかない人は、そもそもコミュニケーション能力に問題があるはずです。
[ 2009/12/23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。