ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2009/12/08

長寿番組「Coronation Street」の思い出




イギリスの長寿番組で(番組開始1960年)、イギリスの代表的soap operaである「Coronation Street」を、私は新婚当時ニュージーランドで毎晩見ていました。(理由・・・他に見たい番組が無かったから。自爆)
確か当時は、平日の夜7時半から8時までの放送だったと記憶しています。

さて、この「Coro Street」の愛称で親しまれている番組は、マンチェスターが舞台です。
つまり、この地方独特のアクセントがあるわけなんですね。

私がこの番組を見始めた時、俳優さんたちが何を言ってるのか、ひとつも分かりませんでした。(泣)
だって、RP(Received Pronunciation)でさえも、当時の私にはやっと聞き取れる程度でしたから、イングランド北部の英語は、私にとっては、もはや外国語!(号泣)
平叙文を尻上がりに言うので、なんとなくスコットランド訛りに似てるかなぁ、とは思っていました。

それでも映像が助けになり、大まかなストーリーはなんとか理解出来ましたから、とにかく性懲りも無く、来る日も来る日もこの番組を見ていました。
ある人が、「休暇でどこかへ行って2週間この番組を見なくても、簡単にcatch up出来る」と言ってました。
はははははは・・・・そういう内容の番組なんですねぇ・・・・・・(苦笑)

はたして、この番組を見始めてどのくらいの月日が経ったのかは覚えがないのですが、私は次第に出演者の英語を聞き取れるようになって行ったのです。


「習うより慣れろ」


と昔から言いますが、まさにその通りだなぁと身に沁みました。

しかし、私は毎晩漫然とこの番組を見ていたわけではありません。
四技能の勉強は怠りませんでした。
それが底上げとなり、次第にこの番組を聞き取れるようになったと思います。

私の正確な英語学習記録がないのが残念ですが、この間に私は発音に目覚めていますので、発音練習もこの番組の聞き取りに役立ったはずです。


前途多難だった結婚生活と私の英語力でしたが、「Coro Street」が聞き取れるようになったのが自信となって、今日に至る、といった私なのでした。


最後に、「Coro Street」を再び思い出させて下さった、ブログ友達のtomoさんと、この記事を書くきっかけとなったtomoさんの記事に感謝します。



にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!


You Tubeから「Coro Street」の動画をお借りしましたので、ご覧下さい。
懐かしい方もおられるのでは?


懐かしいですぅ~、このメロディー♪(涙)
新婚当時を思い出します。





2009年の年頭のエピソードだそうですが、出演者が10年前とほとんど変わっていない・・・・・驚きました。
冒頭に出てくる赤いセーターを着た夫婦は、夫の浮気がきっかけで一度離婚しています。
動画を見ると、またくっ付いたようですね。(笑)
子供達は、小さい時は可愛かったのに・・・・(←よく聞くセリフ 笑)





スタートはモノクロだったんですね。
時代の流れを感じます。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!


コメントを頂けると嬉しいです。
初めての方もお気軽にコメント下さいね。
関連記事
動画リンクありがとうございます。楽しませていただきました。うーん、ほんと独特のアクセントですよねえ。聞きとりにくい・・・。特にEpisode1、むむむ――(!)
イングランド北西部からきていたフラットメイトが喋っていた英語と全く同じです。最初は、ちんぷんかんぷんでした・・・。
オープニングの曲を聞いても印象がないので、どうやらイギリス滞在中は残念ながらみた機会がなかったようです。しかし1960年スタートとはサザエさん級ですね。けど、サザエさんでも69年スタートですからねえ。
恐るべし、イングランド長寿番組。
[ 2009/12/09 ] [ 編集 ]
コメント&トラバ有難うございます
v-4 tomoさん
トラックバックも有難うございました。
お手数おかけして、申し訳なかったです。

初っ端に、携帯で話しながら階段を降りて来るおねえちゃんのアクセントは、特にきつくないですか?
このおねえちゃんは、私が見てた当時は出演してなかったので、特に訛りがきつく感じるのかなぁ?
私は久しぶりの「Corro English」に、目が点になりました。(笑)

>最初は、ちんぷんかんぷんでした・・・。
でも、どんなにキツイ訛りでも、毎日聞いていると慣れるものですよね。

>恐るべし、イングランド長寿番組。
そういえば、007も長寿ですね。
国民性なんでしょうねぇ.......
[ 2009/12/09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

イギリスに決めた理由
<前回からのつづき> 留学となるとできるだけ長く行きたかったけれど、予算の関係上、1年が限度だろう と思っていたので、期間はすぐに...
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。