ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2009/12/23

Poirot Early Casesの Audio Book

 

今日は、英語を勉強されている方への、あるいは、ご自身へのクリスマス・プレゼントのヒントになれば、と思いこの記事を書きました。
私は、とーちゃんに強制的に買わせました。(笑)
しかし、決してワタクシがオニ嫁とか、そういうことではなくて・・・・・(自爆)

ポアロは長編、ミス・マープルは短編、というのがクリスティ・ファンの一致した意見で、私も反対したことはありませんが、Audio bookに関してはポアロの短編もお薦め出来ます。

今日お薦めのこのAudio bookの朗読を担当しているのは、あのポアロ俳優のデヴィット・スーシェとヘイスティングス大尉を演じたヒュー・フレイザーの二人が、一人一話づつ交代で朗読をしています。
流石は名優です。
一人数役を完璧にこなしています。

この本に収められているストーリーは、TVシリーズ「名探偵ポワロ」ですでに映像化されていますので、ファンの方なら目をつぶると映像が浮かんでくると思います。

英語学習に役立てたい方は、シャドウイングされるといいかもしれません。

昔、テレビがなくラジオが主流だった時、人々がラジオ劇に夢中になった気持ちが分かりました。


【追記です 2009年12月24日】
P1030375.jpg
これは、化粧箱のうらです。
デヴィット・スーシェとヒュー・フレイザーの写真が見えますね? 


P1030373.jpg
CDは5枚しか写っていませんが、7枚組みのunabridged版です。

発売元The home of BBC Audiobooksで、試聴出来ます。

【追記ここまで】





【左】原書。
【中】【右】「Poirot Early Cases」は1冊の翻訳本になっておらず、私が知っている限りでは、この2冊に数編づつ収められています。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!
 


You Tubeから、「名探偵ポワロ」をお借りしました。
ごゆっくりご覧下さいませ~   
【The Chocolate Box(チョコレートの箱)】 『ポアロ登場』より



【The Veiled Lady(ヴェールをかけた女)】 『ポアロ登場』より


この「The Veiled Lady」の面白さは、上流階級とその反対のイギリス英語が聞けるところです。


【Problem at Sea(船上の怪事件)】 『黄色いアイリス』より



にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
ブログ更新の励みになってます!
 
コメントを頂けると嬉しいです。
初めての方もお気軽にコメント下さいね。   
関連記事
ご紹介されているaudio bookとかDVDとか
興味がいっぱいですが、なかなか自分のスピードが
追いつけてません。

多読・多聴、今の自分の2倍速で処理できるように
なりたいなあ。そうなれば、もはや勉強ではなく
楽しみばっかりですよねぇ。
夢だけみてても何も進まないので、またコツコツ
積み重ねようっと。いつもYou Tube楽しませて
もらってます^^
[ 2009/12/23 ] [ 編集 ]
コメント有難うございます
v-4 tomoさん
兼業主婦であるtomoさんに簡単に追いつかれては、わたくしは立つ瀬がありません。(苦笑)
カメさんのように一歩一歩・・・って、カメさんお元気ですか?
冬越しの様子をお聞かせ下さい。

>いつもYou Tube楽しませてもらってます^^
それを伺って、私も嬉しいです。
「The Veiled Lady」は、tomoさんに最後まで見て頂きたいです。
The Veiled Ladyが、2種類の英語を使い分けています。
[ 2009/12/23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。