ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2010/09/16

折り紙で国際交流




海外にお住まいの方で、「折り紙を教えて」とか、「折り紙を折って」と頼まれた経験のある方って、多いのではないでしょうか?

折り紙はもちろん作品にもよりますが、手軽でとてもいい国際交流になります。

P1050193.jpg

私の経験ですと、特に鶴は人気がありますね。
外国人にとっては、折るのがとても複雑に見えて(日本人にとっては、それほど難しくないですが)、そして大変美しいです。
ディナーに招待された時に突然折ってくれと頼まれ、折り紙を持っているはずはなく、コピー紙で代用して大受けでした。

子供に人気があったのが、風船と船です。
風船はそのまま遊べますし、船は「row row row your boat」と一緒に歌って遊びました。

P1050196.jpg
この本は大変見やすい日英バイリンガルブックで、折り紙に興味のある外国人へのプレゼントにも適していると思います。

P1050275.jpg
甥の誕生日にキャッシュを贈るため、私も「ぽち袋」を折ってみました。
千代紙が完全な正方形じゃない・・・(笑)


◆「折り紙を教える相手なんていない」と仰る方◆
そこは想像力を働かせてみませんか?
英語圏のお好きな俳優、歌手、etcが目の前にいるつもりになって、その人に折り紙を教えるつもりで説明しながら折ってみてはいかがですか?


ギャラリーおりがみはうす(この本の著者がオーナー)
http://www.origamihouse.jp/
次回の一時帰国の時に行ってみたいと思っています。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
皆さんのクリックが、更新の励みになっています!
関連記事
はじめまして!
初めて寄らせていただきました、ロスペリコと申します。毎日を実戦英語で格闘なさっているサンディさんに脱帽です。

折り紙ですが、友人がフィンランド航空で座席が横になった初老のイギリス人に見せたところ、(友人は男です。鶴だったそうです)「エクセレント!」と目を見開いて賞賛されたとか。やはりビジュアルで見せる異文化の力は絶大ですね。本文で紹介されている本も面白そうですので、一度見てみます。

他の記事も非常に充実されているようなので、時間をかけてゆっくり読ませていただきます。よろしければまたお邪魔させてくださいね。ではでは!
[ 2010/09/17 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
v-4 ロスぺリコさん
初めまして。ようこそお越し下さいました。
実践英語の得意分野で本を出版しようか、と思っています。
「英語で夫婦喧嘩」というタイトルで。(自爆)

やはり折鶴は受けましたか。
この本は分かりやすくてお勧めです。

ロスぺリコさんは複数の言語を勉強されているんですね。
尊敬します。
私は英語だけで手一杯です。
ドイツ語が出来る人間と寝食をともにしてますので、勉強しようと思ったことがありますが、夫のヨーロッパにいるいとこ達は英語が達者なので、私のドイツ語学習は未だに実現していません。
ロスぺリコさんの記事で触発されるかもしれませんね。
[ 2010/09/17 ] [ 編集 ]
ブログへの訪問ありがとうございました!
これからもロシアやモスクワについて色々と書いていきますので、また遊びに来てもらえると嬉しいです^^
[ 2010/09/19 ] [ 編集 ]
初めまして
v-4 hiyoko-onigiriさん
ようこそお越し下さいました!
亡父がロシア語堪能だったので、ロシアやロシア語に興味があります。
また遊びに行かせて頂きますね。
[ 2010/09/20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。