ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2010/10/12

ウエディング・バンドは楽団じゃなかった!

神無月の今月にちなんで、私の「婚約時代のボキャ貧」笑い話のご披露です。

a wedding band
結婚指輪のことです。

俗に「かまぼこ指輪」と呼ばれる、宝石も彫刻も施していない指輪をさすようですね。
「a wedding ring」以外にも、結婚指輪にあたる単語があったんですね~
私は正直に「披露宴で音楽を演奏するバンドのことかと思った~」と話して、大爆笑を買いましたとさ。
あはははは・・・・・(もう笑うしかない)

a wedding gown
ウエディング・ドレスのことです。

「a wedding dress」しか知らなかった私は、「私もウエディング・ドレスの上に、ガウンを羽織らなければならないの?」と想像しました。(笑)
とーちゃんの叔母のン十年前の結婚写真では、お式ではボレロを着ていて、披露宴ではそのボレロを着てませんでした。
当時は、教会では肩や腕を出してはいけなかったからです。
(現在も教会によっては、そういう所もあるようです)
*注
日本のようにお嫁さんが披露宴で別のドレスに着替えることは、まずありません。
お式から披露宴まで、ずっとウエディング・ドレスを着ています。


うーーん、私って想像力があり過ぎるのかなあ?(笑)
婚約時代は、とにかくすごい爆笑をかってました・・・・・
すでに10年以上も前のことだとは、自分でも信じられないです。

 
P1050102.jpg

今月ご結婚される方、これからされる方、
どうか末永くお幸せに!


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
皆さんのクリックが、更新の励みになっています!
 


You Tube から映画「フォー・ウェディング(原題:Four Weddings and a Funeral)」の予告をお借りしましたので、ご覧下さい。




この映画はアングロ・サクソン&ケルト系の結婚式の様子がよく分かりますので、面白くてタメになる映画です。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
皆さんのクリックが、更新の励みになっています!
 
関連記事
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。