ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2011/02/16

アジア人だって子音を強く発音できる

以前お会いしたことのある華僑のシンガポール人ビジネスマンは、機関銃のように話す人でした(笑)。

しかも、中国語アクセントが無茶苦茶強い!物凄く強い!!

我仰天。(← 中国語風にしてみました。笑)

この時、私は生まれて初めてシングリッシュの大洗礼を浴びたのら~。
(今、吹き出したアナタを尊敬!)

私は目が点になりそうでしたよ。(いや、なってたでしょう・・・)

しかし、「時が解決する」ではありませんが、この方の英語に私の耳が慣れるに従って、大変失礼ながら「発音はしっかりしてる」と思いました。

特に子音の発音は強かったです。

それから、さらに私の耳がシングリッシュに慣れるに従って、なんとか会話を楽しめるようになりましたとさ。



英語は国際語と呼んでいい言語ですから、それだけに、

「たとえネイティブであっても、教材のように話す人には滅多にお目にかかれない」

「英語を話すのはネイティブだけではない。従ってお国なまりはあって当然」 

というのが、現在の英語という言語の環境です。

聞き取れないことを他人様(話し手)のせいにする時代ではありません。



子音に話を戻しますが、日本人の子音の発音は、今風に言うと「よわっ!(弱い)」です(笑)。

子音の発音が弱いと、聞き手は理解困難になりますから、会話が成立しません。


日本人で子音の強さといえば、私が忘れられないのは、故・桂枝雀師匠です。

枝雀師匠は「英語落語」という新境地を開いた方です。

日本の伝統芸能に外国語で新境地を開いた功績は大きいと思います。




枝雀師匠、安らかに・・・・・


この記事を書くにあたって、ブログ友達で発音インストラクターをされているtomoさんの2011年2月3日の記事からヒントを頂きました。
tomoさん、ありがとうございました。
どうしたら子音を強く発音できるかは、tomoさんのブログをご訪問下さいね。



にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
皆さんのクリックが、更新の励みになっています。有難うございます!



You Tubeから、シンガポールの歌手Dick Leeディック・リー)をご覧下さい。
 

「タモリの音楽は世界だ」から、ディック・リーとシングリッシュをお楽しみ下さい。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
皆さんのクリックが、更新の励みになっています。有難うございます!
関連記事
私の会社の取引先にもシンガポールの会社があります。その中で聞き取れない方が一人。やっぱり電話はつらいです。しかも忘れた頃にやってくる電話。その電話のみでは、きっと話の半分ぐらいしか分かってないと思います。自分の英語力のなさが思い知らされます。
相手の方は私が分かろうが分かるまいが、お構いなしに、本当に弾丸のように話してきます。ゆっくり話してくださいなどというものなら、ますます早くなったりして(涙)でも仕事では分からないじゃすまされないので、最後には用件をemailしてもらってました(汗)(最近はあらかじめメールをもらい、その件で電話という感じです。そっちの方が話が早いのを向うも理解したらしい(笑))

やっぱり慣れなのでしょうか?慣れるまでには程遠い感じがします(同じシンガポールでも人によっては、ゆっくり話してくれて、聞き取りやすい人もいるのだけれど)とほほほ....勉強あるのみなんでしょうかね?すみません愚痴っぽくなっちゃった。
[ 2011/02/19 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
v-4 Akubiさん
電話の会話は難しいですね。
電話の会話は、外国語訛りが数倍強調されて聞こえるような気がしませんか?(涙)
私もこのシンガポール人と電話での会話だったら、聞き取れたのか自信はないです。

>やっぱり慣れなのでしょうか?
うーーん、何とも言えません。
この事は私も知りたいので、今回は保留ということでお願いします(涙)。
[ 2011/02/22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。