ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2011/03/03

Maeve Binchyの 「Evening Class」




ご無沙汰しています。
今日はお雛祭りということもあってか、久しぶりに記事を書きたくなりました。


今日はちょっとcheatして、数年前に読んだ私の大好きな作家Maeve Binchyの「Evening Class」をご紹介します。

内容説明
It was the quiet ones you had to watch. That's where the real passion was lurking.

They came together at Mountainview College, a down-at-the-heels secondary school on the seamy side of Dublin, to take a course in Italian. It was Latin teacher Aidan Dunne's last chance to revive a failing marriage and a dead-end career. But Aidan's dream was headed for disaster until the mysterious Signora appeared, transforming a shared passion for Italy into a life-altering adventure for them all...bank clerk Bill and his dizzy fiance Lizzie: a couple headed for trouble...Kathy, a hardworking innocent propelled into adulthood in a shocking moment of truth...Connie, the gorgeous rich lady with a scandal ready to explode...glowering Lou, who joined the class as a cover for crime. And Signora, whose passionate past remained a secret as she changed all their lives forever....

From the New York Times bestselling author of This Year It Will Be Different, The Glass Lake, and Circle of Friends, comes a novel filled with Maeve Binchy's signature warmth, wit, and sheer storytelling genius--a spellbinding tale of men and women whose quiet lives hide the most unexpected things....


これは私が初めて読んだMaeveの作品ですので、それだけに思い入れ深い作品です。

舞台はアイルランドの首都ダブリン。
お世辞にもお上品とはいえない地区にあるMountainview College(大学ではなくハイスクール)で開かれる、イタリア語のイヴニングクラスに集まった先生と生徒たちのそれぞれのストーリーが短編集のような構成になっています。
ですから、500ページ以上の作品ですが読みやすいと思います。
それぞれ、家族、恋人、仕事、etc、悩みや問題を抱えながら、それでも懸命に自分の人生に向かっていく姿が描かれています。
ラストは・・・感激で私は滝のような涙を流しました。
「こんな外国語クラスだったら、習いに行ってみたいな」と、きっと思いますよ。



「まだペーパーバックは無理なんだけど」と仰る方には、こちらがあります!



にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
皆さんのクリックが、更新の励みになっています。有難うございます!
関連記事
買っちゃいましたぁ
イヴニングクラス、ペーパーバックを買っちゃいました
私の英語力で歯が立つかどうか不明ですが・・・
春休みに読もうと思ってクリックしましたが
2~5週間でお届け・・・
間に合うかなぁ?
[ 2011/03/03 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
v-4 Sakasayoさん
買っちゃいましたか!

>私の英語力で歯が立つかどうか不明ですが・・・
それはご謙遜です。

きっと海外のsupplierに発注するんでしょうね。
春休みに間に合いますように!
[ 2011/03/04 ] [ 編集 ]
こんにちは
面白そうな本ですね。私も読んでみようかな・・・。
今はネットで本が買えるから便利ですよね、日本にいても洋書が手軽に買えるんですものね。昔は洋書は取り扱いのある書店に行かなきゃいけなかったり、または取り寄せてもらったり、その場合、もちろんペーパバックでは無くハードカバーを・・・。本当に便利な時代になったものですね。って年寄りくさいか(笑)

そうえば、最近、本を全然読んでません。最後に長編を読んだのはハリポタ(汗)だったかな・・・・?
やばい!このあと、ちょっとアマゾンさんへ行ってみます(汗)
[ 2011/03/06 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
v-4 Akubiさん
この本はMaeveの作品の中でもお薦めですよ。
本当に便利な時代になりましたね。
「立派な大人同士」の話しとして(苦笑)、以前は(いつ?笑)日本円が今ほど安定して外貨に強くありませんでしたから、洋書の値段は今よりも全般的に高価でしたよね。
私の記憶違いかもしれませんが、紙質が今より劣ってたように覚えています。

いや~懐かしいなあ。(笑)
[ 2011/03/08 ] [ 編集 ]
こんにちは♪
沢山の素晴らしいアイディアをありがとうございます。

早速、Amazonとブログ村で試してみようと、深くふか~く心に決めました。

作家別のカテゴリーも頑張ってみますね。

また良いアイディアがあれば教えてください。

豪州サンディさんは原書が読めて素晴らしい☆
それは私の憧れです。いいな~ いいな~
[ 2011/03/09 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
v-4 ミセス・マープルさん
頼まれてもいないのに差出がましいことをして、申し訳ありません。
日本でコージーミステリーの人気がもっと高まれば、出版社も翻訳に力を入れてくれるでしょう。
その底力になるのが、ミセス・マープルさんを始めとしたコージーミステリーファンが、ブログ運営など目立つ活動をすることだと思ったんです。

私は社会人になってから本格的に英語を勉強し始めたので、原書を読めるようになるまで、かなり時間がかかりました(苦笑)。
[ 2011/03/10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。