ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2011/04/27

語学学校コメディ「Mind Your Language」

ブリティッシュ・コメディの面白さは、皮肉を効かせるところにあると思います。

デジタル放送化によって、オーストラリアでもチャンネルが増えたんですが、英語を勉強している方にとって面白いブリティッシュ・コメディを見つけました。

Mind Your Language」という70年代後半に製作された番組です。

舞台はロンドンのEnglish as a Foreign Language class(早い話が語学学校です)で、ナガズミ・タロウさん(長住太郎さん?)という日本人生徒もいます。

タロウさんはアクセントを、先生からよく注意されているようです(苦笑)。

そこが日本人らしいというか・・・・・・

私から見ると、ちょっと大げさにそれぞれの国民性を強調していますが、ドイツ人生徒のAnna Schmidt(アナ・シュミット)はあまりにドイツ的で、ドイツ系に嫁いだ私にはたまらなく可笑しいです。
(でも、あまり笑うと、とーちゃんが「むっ」とするので控えめに笑ってます・・・笑)


この番組からちょっとした留学気分を味わえるかもしれませんね。
私が通学していた語学学校はここまで面白くなかったですが(?!)、実に色々な人がいました。
そういえば、担任が疲労でダウンしてしまったことがありました!(涙)
もちろん、私のせいぢゃありませんよ!!(笑)


語学学校って、コメディの舞台にもなってしまうんですね(泣き笑い)。


オーストラリアでは、7 TWOで土曜日午後6時から30分間放送中です。
(2011年4月27日現在)
http://au.tv.yahoo.com/seven-two/







にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
皆さんのクリックが、更新の励みになっています。有難うございます!

 


You Tubeでこの動画を探したら、思いのほか沢山ありました。
お楽しみ下さい。


タロウさんの「あぁ、そう」が笑えます。




生徒さんたち、個性豊かですね・・・・・・(笑)
「語学学校の先生って疲れるだろうなあ」と改めて思いました。


【追記です。2011年4月28日】
この番組は日本で放送されたことはないはずです。
したがって、レンタルビデオのお店に、このDVDは置いてないと思います。
それでも私のブログで紹介したかったのは、語学学校が舞台のコメディだからでした。
You Tubeでご覧になれますので、そちらでお楽しみ下さい。



にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ にほんブログ村 英語ブログ 国際交流へ
皆さんのクリックが、更新の励みになっています。有難うございます!
関連記事
明日からGWに突入
you tube で見てから TSUTAYAに行きます
[ 2011/04/28 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
v-4 Sakasayoさん
そういえばGWですね。
この番組は日本で放送されなかったので、残念ですがどのレンタルビデオ屋さんでも置いてないと思います。
You Tubeでお楽しみ下さい。
[ 2011/04/28 ] [ 編集 ]
こういう皮肉コメディは、ほんと、ブリティッシュならではで、上手いですよね。

長住太郎さん(?)、勝手に20代くらいの若者をイメージしてしまいましたが、おっちゃんだったのですね~
特徴とらえている~(笑)

動画楽しませてもらいました。
他のお国の方々はよく分からない部分も多いので、
もう一度みようっと。
[ 2011/05/02 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
v-4 tomoさん
70年代はまだ日本円が現在のように強くなかった時代ですから、tomoさんがイメージされた「20代くらいの若者」が、イギリスの語学学校に私費留学できる時代ではなかったはずです。
その時から比較すると、日本円が強くなり留学する人が増えましたね。
タロウさんの役柄は会社のお偉いさんのようですので、授業料は会社もちだと思います(笑)。

しかし、70年代に、語学学校がコメディに使えることにすでに気づいていたイギリスは、流石ブラックユーモアの国だと改めて感心しました。
[ 2011/05/03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。