ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2008/07/23

洋書読了への道のり 3の1

ペーパーバックを読了出来るまでの英語の力をつけるには、どうしたらいいのでしょうか?
それは英語の基礎力を十分養って、そして児童書などを読み始めることです。
 
ペーパーバックを読了出来るようになるまでの、私の道のりを振り返ってみました。


【学習法】

この本との出会いがなかったら、私は英語学習の樹海を延々とさ迷い続けていたのではないか、と思います。
私はこの本によって、「発音と文法」の習得の重要性を再認識しました。
この本が出版された当時、日本ではまだ発音の重要性を説く人は多くはなかったんですよ。
ここから私の発音修行が始まりました。
思い出の1冊です。
残念なことに、絶版になってしまったのですが、アマゾンのマーケットプレイスから購入可能です。
故佐伯先生に、合掌。

この本が「指南」書ならば・・・・・


【学習法・発音・単語・語源】

この本は、発音&単語の実践トレーニングのためのものです。
発音と語源を学びながら、単語を学べる画期的なCDブックです。
特に第1巻の理論編はすばらしい!
ぜひ一読をお薦めします。


【文法】

発音&単語のお次は、文法です。

【左】私はこの文法書で勉強しましたが、ご自分に合えば洋書でも和書でも構わないと思います。
要は文法を知識ではなく、ご自分の血肉にすることです。
洋書を返り読み、あるいは訳読していたのでは、いつまでたっても実力はつきません。

【右】こんな文法書を見つけました。
タイトルがいいですよね?(笑)
どなたかこの文法書で勉強された方、感想をお聞かせ頂けないでしょうか。


その2に続きます。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ  
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
関連記事
こんにちはー♪

「科学的な外国語学習法」よさそうですね!
図書館で借りることができるようなので(よその図書館からの取り寄せなので時間がかかりそうです)、予約しました♪

そしてそして!訪問者千人越えおめでとうございますー!!
これからも素敵な記事を楽しみにしています♪
[ 2008/07/25 ] [ 編集 ]
n.さん
「科学的な外国語学習法」が図書館にありましたか!(感涙)
読まれたら、ぜひ感想を聞かせて下さい。

>訪問者千人越えおめでとうございますー!!
ありがとうございまーす!!

これからも精進します。
(出来るのか疑問・・・笑)

[ 2008/07/25 ] [ 編集 ]
サンディさん、おはようございます♪

「科学的な外国語学習法」読みました。
すごくいい本ですね。1992年に出ていたとは・・・!
品詞や文法を意識してプリントしたものをマーカーで色分けしてみるとか、やってみたくなりました。
返す期限が迫って流し読みしかできなかったので、Anazonに注文しました♪
すばらしい本の紹介をありがとうございました。(*^^*)
[ 2008/09/06 ] [ 編集 ]
n.さん
それは紹介させて頂いた甲斐がありました。
佐伯先生は国際ビジネスマンでしたから、実践の経験豊富だったため、
説得力がありますよね。

「ヨーロッパの言語は理屈だ。
だから理屈を覚えればいい。」

という先生の言葉を、結婚して英語圏で暮らすようになった私は
心底実感したのでした。
[ 2008/09/06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。