ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2012/09/29

God save the 「イギリス英語発音」これはお薦め!和書のイギリス英語発音CDブック

今年はUK Yearですね。

エリザベス女王のDiamond Jubilee、ロンドン五輪、パラリンピックと続きました。

そこで、今さらなんですが・・・・・・・・・・

この本を紹介するのを、今日までずーーと延期してきました。



私の尊敬するイギリス英語の第一人者、小川直樹先生のイギリス英語発音のCDブックです。



延期した理由というのは・・・・・・・・・・

アマゾンに今日まで14件のレビューが寄せられていますが、その殆どが素晴らしいレビューです。

この本にご興味のある方は、ぜひレビューもお読みになって下さい。

「なか見!検索」で数ページですが内容も読めますので、こちらもお読みになってみて下さいね。



「今さら、わたくし如きが感想を書いても・・・」と思いましたが、「どなたかの参考になれれば」と拙ブログにて紹介することにしました。

まず、「さすが小川先生」と思ったのは、正直言ってページ数の少ない本ですが、イギリス英語発音についての「いろは」が満載です。

「ページ数の少ない本」=「内容が薄い」のではなく、練習量は豊富です。

ひとつの発音につき

・例文
・ポイント
・マメ知識

と見開き2ページとなっており、見やすく工夫されています。

 
英語の知識よりも実践力を養う


これは、小川先生の著書に共通しています。

だから、私は小川センセのファンなんです~♪♪♪



「面白いなあ」と思ったのは、
P1090758.jpg
「ジェスチャーで発音してみよう」というコーナーです。

大人になると、こういうことはやりたがらない人が多いですが、面倒くさがらず「遊び心」をもって楽しんで、ぜひトライしてみて下さい。

これはまさに「手助け(?!)」になりそうですね(笑)。

 

さて、イギリス英語発音というと「RP」が真っ先に頭に浮かびますが・・・・・

実は、RPはイングランドの人口の3~5%でしか話されていないのです。


というのは、ちょっとオドロキでした。

うむむむ、だからイギリス英語の聞き取りは難しいと言われるんですね。

本書の中の「UK英語の訛りについて」に、地方別の訛りの特長が書かれてありますのでそれを理解し、後はCD(RPです)をじっくり聴きながら何度も口頭練習し、イギリス発音の基礎をご自分にしっかりと根付かせるといいと思います。


P1060237.jpg
ガンガン練習しましょ~!


地方訛りは聞き慣れないと最初は戸惑いますが、基礎さえあれば徐々に慣れます。

私はUKのご長寿番組で、イングランド北部の発音の ‘大’ 洗礼を受けました。

⇒過去記事 長寿番組「Coronation Street」の思い出

↑ 動画も貼ってありますが、中級の方は興味のある方だけご覧下さい。

↓ この下に30秒の動画を貼りましたので、こちらをご覧になった方がストレスが少ないと思います。

以上、ご参考までに。


  
非常に簡単ではありますが、本の紹介はここまでにさせて頂きます。

 
-----  オーストラリアにお住まいの方
これからお住まいになる予定のある方へ
 -----

この本は、ひとつの発音につき見開き2ページとなっており、右側のページに「UK発音 マメ知識」というコーナーがあります。

ここに、オーストラリア発音についても記述があります(ただし、説明の必要がある場合のみ)。

在豪の方、これからオーストラリアにお住まいになられる方にも、きっとお役に立つ発音本だと思います。

--------------------    


さて、では実際にRP以外のUK英語を聞いてみましょう。

ヨークシャー出身で、Scary Spiceのニックネームで知られるこの方!




Mel BことMelanie Brown (メラニー・ブラウン)のイングランド北部の英語をお聞き下さい(わずか30秒です)。

北部英語の母音の特徴である「much」が「モッチ」のように聞こえます。

アメリカ英語のみ聞いてる方には聞き取りにくいと思いますが、何度も聴いてみて下さい。

世界は広いし、英語圏も広いのです。


God save the 「イギリス英語」後編 に続きます。
都合により取り止め。申し訳ありません。


Have a very good weekend!


あなたのご訪問を感謝してます。 
関連記事
なんと??
手の形で発音を説明してあるんですか?
なんとも、今ひとつ理解できないのですが・・・
今度本屋さんで立ち読みします
そらから・・・購入しましょう
[ 2012/10/01 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
v-4 Sakasayoさん
全編にわたって手の形で発音を説明している訳ではありません。
それは、記事を最初から最後までお読み頂けば分かるはずです。

「こういうコーナーがあって、面白いですよ」

という紹介でした。

[ 2012/10/01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。