ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2013/01/10

今年の読書第2弾は、オーストラリア作家のコージーミステリー





クリスマスからお正月にかけて、時間がある時は読書してました。
しばらく読書から遠ざかっていたので、むさぼる様に読みました(笑)。
今日ご紹介するのは、オーストラリア女性作家のコージーミステリーです。


P1100289.jpg

日本に里帰りする際に空港の売店でこの表紙を見て、
「メルボルンっぽい感じの表紙だなあ・・・・Miss Phryne Fisherは中国系(Fisherは芸名か何か)?」
で、ジャケ買いしました(自爆)。


内容のご紹介
The decidedly raven-haired Miss Phryne Fisher returns to delve deep into the dark cellars of Melbourne.

1929: pretty little golden-haired girls are going missing in Melbourne. Three of them are pregnant, poor girls from the harsh confines of the Magdalen Laundry. People are getting nervous.



ちなみに、1929年(日本は昭和4年)のオーストラリアは、第一次世界大戦によって未亡人や母子家庭が沢山いた時代です。
言い換えると、生活に困っていた人(特に女性)が大勢いた、ということになります。


なぜ妊娠中の、そうと人目に分かるティーンエイジャーたちが、収容されていた修道院から行方不明になったのか? 
そして、さらに広がる『金髪女性』たちの行方不明事件。
その背後には以外な人物が・・・・。



という謎に、Miss Phryne(発音は、fry-knee) Fisherとそのminions(Miss Fisherの養女と使用人たちでティーンエイジャー)が自ら聞き込みし、勇敢に事件に立ち向かい解決へと導きます。

Miss Fisherもポアロやシャーロック・ホームズのように変装もします。
第3者に手伝ってもらうのですが、その過程が面白い!
Miss Fisherは尼さんにも化けました(笑)。

Miss Fisherは交際範囲も広く、高級brothelのMadameともお友達なんですよ(ほえ~)。
そこのお姐さんたちは美容体操やら勉強(算数とか)もなさっていて、「へぇ~、一流どころって、やっぱり吉原のように努力しないといけないんだ~」と感心しました。


コージーミステリーらしくテンポの良い話の展開で、最後まで飽きることなく読めました。
コージーミステリーは英語も難しくありませんから、児童書等からステップアップしたペーパーバック初心者さんにもお薦めです。
ちなみに、A Phryne Fisher Mysteryはシリーズ化されていまして、これはその最新作です。


著者 Kerry Greenwood 公式ホームページ
http://phrynefisher.com/


The Abbotsford Convent (本中に出てくるモデルとなった修道院)
http://www.abbotsfordconvent.com.au/




にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ

皆さんの応援が、更新の原動力になっています。
感謝してます! 


このミステリーはTVドラマ化されています。
You Tubeでご覧になってみて下さい。



Message from Kerry Greenwood


Kerryの口の動きに注目して下さい。
日本語の口の動きとまったく異なりますね。
実践英語に発音練習は不可欠、ということがお分かり頂けるはずです。



Miss Fisher's Murder Mysteries | Episode 9 Trailer


撮影場所は、Brighton Beach(Brightonは、メルボルンの高級住宅街)がモデルになっていると思います。Elwoodだそうです。



にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
皆さんの応援が、更新の原動力になっています。
感謝してます!
 
関連記事
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。