ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2013/05/25

Kindle Paperwhiteは、文字の大きさも調整可能で便利!





この記事は、Kindle Paper Whiteの長所の巻(私個人の意見です)の続きです。

今日の記事は、タイトルのとおりです(笑)。
これは便利ですよ。
特にペーパーバック初心者さんとって本の文字がギッシリ詰まっていると、それだけで挫折しそうになるじゃないですか。
私もそれで挫折した経験があります(涙)。

Kindle Paperwhiteは、文字の大きさ8種類、行間3種類、上下左右の余白3種類を変えることが出来ます。
比較のために、巻頭があまりにも有名なGone With The Windを使わせてもらいました。
写真はクリックで少しだけ拡大します。


DSCN1118.jpg
文字は小さい方から3番目、行間は一番狭い状態です。
ペーパーバック初心者さんですと、ちょっと敬遠したくなるかな?
 


DSCN1119.jpg
文字は小さい方から5番目、大きい方から4番目、つまり中間ですね(笑)。
行間は一番狭い状態です。



DSCN1120.jpg
文字の大きさは上の写真と一緒です。
行間は3種類のうち真ん中です。
行間の違いで文字の大きさまで違うような錯覚を起こしませんか?
ペーパーバック初心者さんも、これなら楽に読めそうかな?



DSCN1121.jpg
一番大きい文字に一番広い行間です。
これはちょっと遊んでみました(笑)。
seldomの続きが気になりますよね?


私は、かつて文字のあまりの小ささで挫折したペーパーバックを、Kindleで再び挑戦しようとしています。
以前ご紹介したErica JamesのHidden Talentsが、再挑戦第一弾でした。


それでは、あなたもHappy Reading ♪

Have a very good weekend!




あなたのご訪問を感謝してます。
関連記事
私もkindleたまに?!活用!
アメリカのアマゾンは、kindleに落とさなくても
クラウドで読む事が出来るので、たまに無料本、絵本にお世話になってます。
そちらは、本の評価が未知数、ということで、ある意味、賭けですが。。。
さらに受賞作品などを読む事は出来ませんが。
ということで、私はPCバージョンのkindleを活用してます^^; とほほ。

ところで、QLDにお住まいとのこと。私も以前、ブリに住んでいた事があります。
そちらに近いか、行かれる事があるかわかりませんが、
あそこの図書館は電子書籍がとっても豊富です!
勤務地があるだけでもメンバーになることは出来ると思われます。(要確認!)
しかもそのシステムはVIC の Yarra と一緒の物を使用。
つまり、システムはそこのに乗っかれば良いだけなので、
もしお近くの図書館で意見を聞いてもらえる所があるなら、
そんなリクエストを出すのも手ですよぉ〜!!
我が家は、購入図書のリクエストをあちこちに出してます!!
で、購入してもらった物も結構あるんです!!
もう活用できる物は、活用しまくる!!ってな感じです。
購入リクエストの他に、図書館で意見を聞いてくれる所もあるので、
是非、活用してみてください!
広〜いオーストラリアだからこそ、電子書籍は活用度、大!!
かもしれないですよね。 QLDの他の市の事はわからないので、
不十分な情報ですが、日本の方の中には、アメリカの図書館に
年間費を払って電子書籍のメンバーにならせてもらっている方もいるんですよ。
ま、良かったらこんな方法もある〜!ということで。
Happy Reading〜♪
[ 2013/05/25 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
v-4 yukaffeさん

私も絵本はKindlePCバージョンで読んでますよ。
冗談でも謙遜でもなくて、私は本当の田舎に住んでるんです。
ブリスベンは田舎と呼べないでしょう(笑)。
yukaffeさんはメルボルンにお住まいですか?
私も以前はメルボルンに住んでました。
メルボルンに住んでいた時は、図書館にリクエストしてましたよ。
メルボルンはオーストラリアの文化の中心ですもんね。
ここはメルボルンと違ってかなり遅れてます(涙)。

私の場合は、図書館にない本はアメリカのKindleストアから購入、という手段を当分続けるしかなさそうです。 
[ 2013/05/25 ] [ 編集 ]
なんと!
そんな便利な機能があるんですか?
老眼がどんどん進化中の私には、ありがたい機能です
うぅぅ~~ん、欲しくなっちゃう・・・
でも、iPadでがまんだなぁ~
[ 2013/05/26 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
v-4 Sakasayoさん

キンドルは読書用端末ですから、目が疲れないように色々と工夫されてます。

>老眼がどんどん進化中の私には、ありがたい機能です
私にも言えてます(泣)。
[ 2013/05/27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。