ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2013/05/24

「快読100万語!ペーパーバックへの道」は、優れた多読ガイド本





今日は英語多読に関する和書の文庫本の紹介です。
出版から10年以上も経って、海外在住の私が紹介するのもなんですが、中にはご存じない方もあるかもしれないと思い、今日の記事にしてみました。

内容(「BOOK」データベースより)
あなたも分厚いペーパーバックがスラスラ読めるようになります!コツは「辞書をひかない」「わからない語はとばす」「むずかしかったらすぐ投げ出して次の本に移る」。いままでのようなつらい勉強は不要です。やさしすぎるくらいやさしい本からはじめて、無理なく読めるレベルの本をたくさん読んでいるうちに、読書量が100万語に届くころには、ペーパーバックも英語のホームページも楽しめる、ほんとうの英語力が身につくのです。思いきった多読指導で、たくさんの生徒の力を飛躍的に伸ばしてきた著者ならではの、実践・英語習得法。



本書の内容ですが、実践編と理論編の二部構成になっています。


これから多読を始めようとしてる方

多読を始めたものの迷路に迷い込んだ方



この本を購入されて、実践編に書いてあるとおりに進んで下さい。
近い将来、あなたもペーパーバックが読めるようになりますよ。

私は多読ガイドブックも何も無しに自己流で、この本の実践編とほぼ同じ事をしてきました。
そして、ペーパーバックを読めるようになりました。


DSCN1083.jpg


本書は多読だけではなく、シャドウイングに関しても実践編と理論編の両方に記述があります。
特に、英語学習法に迷ってる方!


多読 + シャドウイング


これは本当に実力がつきますよ~
ぜひ本書をお読み頂いてお試し下さい。



あなたのご訪問を感謝してます。
Have a very good weekend!
関連記事
さかいせんせー、この時は、100万語!って言ってますが、
最近は、語数より冊数?! マンガをもっと大切にしたい!
など、色々言ってるんですよぉ〜。 そんな先生のブログは、
http://tadoku.org/sakai-note/
あ、別にまわし者じゃないんですけどね^^;
「快読〜」も私も持ってるんですが、日本の方には、
古川昭夫先生の多読完全ガイドの方が、カラフルな本の表紙とともに
紹介されているので分かりやすいかも。。。
どちらにしても語数を数える!ということに目から鱗だった私。
ずーーっと昔に、本を読んだら良い。と聞いた事はあったけど、
絵本を数冊読んでみたり、児童書を手にしたけど、戻したり。。。
そんなのの繰り返しで結局は、問題集をやっていた?!
多読3原則で気にせず、じゃんじゃん行けば良かったなんて。。。
辞書引いて、ノートに意味書いて、覚えて。
あれは、なんだったんだろう。。。と悔しい><
あ、さかいせんせーの「さよなら英文法」という本もあるんですが、
私は読んでないんですが、
これを読んで感動した元中学校英語の先生って方もいます。
いずれ読みたいと思ってますが、
多読をやっていたら、文法なんて自然に身に付く。
みたいな内容だと思います。
[ 2013/05/30 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます
v-4 yukaffeさん

もっと早く多読を始めればよかった・・・・・・
と、つくづく思います(ため息)。
酒井先生の本に発売当時出会っていたら、私の英語ももっと早く上達してたかも、と後悔しきりです(涙)。

>どちらにしても語数を数える!ということに目から鱗だった私。
私は無精者ゆえ、数えたことありません・・・・・

>辞書引いて、ノートに意味書いて、覚えて。
>あれは、なんだったんだろう。。。と悔しい><

うんうん、わかる、わかる。
これって学校英語の悪影響でしょう。

>多読をやっていたら、文法なんて自然に身に付く。
>みたいな内容だと思います。

私もこの本はまだ読んでません。
私の場合、語学学校でがっつり文法の勉強したから、この件はなんとも言えないなあ・・・・
ただ、和書で文法を勉強するのは、ひたすら日本語を読み英文なんて申し訳程度に出てくる訳でしょう。
それなら、多読した方がずっといいに決まってますよ、ねぇ?
[ 2013/05/31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。