ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2013/06/12

初購入洋書だったグリム童話「The Elves and the Shomaker」を読了





今日も私の思い出洋書の話です。

The Elves and the Shoemaker

このグリム本こそが、私が中学1年か2年だった時に生まれて初めて買った洋書でした。
 
ページ数4ページの短いお話ですが、中学生だった私は額に汗しながら辞書片手に必死で訳読しました(泣)。
この時点では多読の本格的スタートとは程遠いですが、今回数十年ぶりで再読して、自分の英語への情熱の原点に戻ったと言うか、かつての背伸び読書の失敗やら、色々なことが頭を駆け巡りました。


The next day the wife said to the shoemaker. 'These little wights have made us rich, and we ought to be thankful to them, and do them a good turn if we can.

この恩返しの気持ちがある人たちだからこそ、小人ちゃんがハッピー&ラッキーを運んできたんですね。


なお、この本のKindle版は無料ですよ! 

Hansel and Grethel

Red Riding Hood

Rapunzel

などのお馴染みのお話しも収録されています。


あなたもグリム童話を英語で読んでみませんか?
何か新しい発見があるかもしれませんよ。


あなたのご訪問を感謝してます。
関連記事
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。