ペーパーバックで夜更かし

最近は「電子ブックで夜更かし」を楽しんでいます(笑)。オーストラリア在住の国際結婚主婦による洋書多読記録帳です。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
東日本大震災に遭われた方々に
心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。
当ブログは更新を終了しました。

新ブログ

ガイジン亭主と猫と洋書 ←クリック

こちらの方で、ご訪問をお待ちしています。
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
2008/06/06

Back on Blossom Streetを読み終えました



読み終えるのに、予想外の時間がかかりました。
ブログ引越しに始まり、とーちゃんの親戚の誕生日プレゼントの選択やら・・・etc。
いいヨメするのは疲れますよぉ、洋の東西に係らず。(笑)

さて、三部作のフィナーレを飾るこの本の感想です。

第1作に登場したAlix(←私のスペリングの誤りではありませんよ。)という20代の女性が、再び物語の中心に帰ってきます。
この第3部は第1作から3年後という設定ですが、Alixの内面の成長を著者は書きたかったのかもしれません。
Alixの生い立ちは悲惨でしたが、小学校の同級生で現在は牧師である婚約者によって、Forgivenessを学びます。

確かに、憎しみを抱えて幸せにはなれませんよね。
憎しみを手放した時、そこに新しい世界が開ける。
実は私にも経験があります。
Forgivenessこそが、この第3部のテーマだと思いました。

このひとつ前の記事に書いたことですが、アングロ・サクソン社会を理解するのにキリスト教の知識は不可欠なんです。
Forgivenessは、キリスト教の核となる教えなんですね。

ちょっと気に入った文章があったので、引用します。

The grass wasn't greener on the other side of the fence; it was greener where it was watered.



↑これは、英語学習にも言えますね。

ペーパーバック多読を決心してからこの三部作を続けて読みましたが、今、達成感に満たされています。
いえ、英語そのものは平易ですが、登場人物たちが幸せになったところを見届けることが出来て、私も幸せのお裾分けを頂きました。


ポチッとして頂くと、ブログ更新の励みになります。(別ウィンドウで開きます)
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ 
有難うございました!

コメントを頂けると嬉しいです。古い記事へのコメントも歓迎です。
初めていらした方も、お気軽にどうぞ!
 
関連記事
ご無沙汰してます。
最近ブログもメルマガもさぼってましてm(__)m、やっと今日こちらのブログにやってきました。早速、私のホームページとブログにサンディーさんのブログをリンクさせていただきます。これからもよろしくお願いしますね。
[ 2008/06/07 ] [ 編集 ]
はじめまして
はじめまして。点子と申します。リウマチばあちゃんさんのブログを通じて来させていただきました。
 私は何冊! とかいう目標はとても立てられそうにありませんが、ぼつぼつマイペースで読んでいます。
 The shop on Blossom Street は私も読みました。普通なら出会いそうにない女性たちが出会い、軋轢がありつつも仲良くなっていく様子にどんどん引っ張られて読んでしまいました。面白かったですよね。2冊目以降って普通どうかなあと思ってましたが、読んでみようかな、と思いました。
 今後ともどうぞよろしくです。
[ 2008/06/07 ] [ 編集 ]
FUMIさん
お久しぶりです~。
よかった、やっとつながったって感じですよぉ。
さすがに心配してました。
お元気ですか?
リンクの件、有り難うございます。
こちらも、すぐリンクを貼らせて頂きますね。
こちらこそ、よろしくお願いします。
[ 2008/06/07 ] [ 編集 ]
点子さん
点子さん、いらっしゃいませ♪
そうですよね、1冊目はすごく面白かったですよね!
正直なところ、2、3冊目は1冊目ほどの面白さはないんですよ。
でも、Alixが幸せになったところを見届けることが出来て、私も嬉しかったです。
今、点子さんのブログに急いでお邪魔しました。
私も介護にも興味があります。
今、実妹がひとりで母を看てるんです。
もし、ご迷惑でなかったらリンクを張らせて頂きたいのですが、よろしいでしょうか?
[ 2008/06/07 ] [ 編集 ]
早速ありがとうございます
早速こちらにも来てくださってありがとうございます。
介護は大きな問題ですよねえ。
どうぞリンクを張ってください。
私も張らせていただきたいのですが、なんせPC苦手なのに10日ほど前にいきなりはじめたところでどうやってやればいいのかぜんぜんわからないんです!!できるだけ早く張れる様にがんばります。
[ 2008/06/07 ] [ 編集 ]
点子さん
リンク貼らせて頂きました。
有り難うございます。
今後とも宜しくお願いします。

>できるだけ早く張れる様にがんばります。
のんびりいきましょうよ。
[ 2008/06/08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿 (*管理人の承認後に表示されます)












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理人の紹介

豪州サンディ

Author:豪州サンディ
☆豪州サンディ☆
自称「南半球イチお気楽主婦」
です(笑)。

純日本人で英才教育なしで育つ。社会人になり、シドニーへ語学留学。 
友人の紹介で夫と見合い結婚。 
実践英語と異文化との半永久的な付き合いが始まる。 

☆と-ちゃん☆
豪州サンディのガイジン亭主。
自称「前世はサムライ」。
  
☆好きな作家☆
Agatha Christie (英)
Maeve Binchy (愛)
Kerry Greenwood (豪) 


国別・作家公式サイト
故人となった作家には、公式サイトが存在しないことがあります。その場合は、Wikipediaにリンクします。
発音をモノにする
HPbanner1a.gif

私のブログ友達で、発音インストラクターのtomoさんの教室です。 
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

携帯でもご覧下さいね!
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。